動的のタグを付けられた記事一覧

コンテンツには2つある~動的コンテンツと静的コンテンツ

まずは、「コンテンツって、何だ、それは食べ物か?と」いう方のために、

コンテンツについて、ウィキペディアで調べてみたら、このように書いてありました。

以下、引用

コンテンツ(contents、単数形content(コンテント))とは、あるものの「内容」(≒情報そのもの)のこと。

特に、メディアなど伝達するための手段によって提供される、娯楽や教養のために文字や音声、映像などを使用して

創作する内容、もしくは創作物を指す。

引用終わり

つまり、映像や音声だけでなく、文章もコンテンツと呼べるのです。

コンテンツには、動的コンテンツと静的コンテンツがあります。

よくSEOでは、動的より静的のほうが良いなんて話を聞くと思いますが、

そもそも、動的コンテンツと、静的コンテンツって、どんなものなんでしょう。

動的コンテンツというものは、ユーザーがサイトを訪問して、何かをフォームなどに入力したときに、

プログラムで、入力内容を判断し、自動で作られるコンテンツの事を言います。

たとえば、Yahoo!路線情報が、わかりやすいと思います。

路線情報では、出発地と、目的地、そして、到着日時などを入力するかと思いますが、

入力結果を調べて、プログラムによって、自動的に検索結果のページが作られますね。

静的コンテンツというのは、表示されるページが、そのまんまサーバーにおいてあるもので、

いつ、誰が見ても同じ様に見えるページです。

それでは、音楽や、動画などのファイルがおいてあるページは、

動的コンテンツだと思いますか?

実は、どちらにもなるのです。

それは、動画のファイルが置いてあるページには、

動画そのものがあるのではなくて、

動画ファイルへのリンクが書いてあるだけなのです。

そういった意味では、静的コンテンツといえるでしょう。

しかし、そのリンクが、何かの検索結果に従い、

自動的に用意されるのであれば、

動的コンテンツといえるでしょう。

タグピョンこと、田口昌利

初めてのネットビジネス