アウトプットによる【成功に必要な力を引き寄せる効果】 角谷亮談

このページをお気に入りに追加  

アウトプットによる【成功に必要な力を引き寄せる効果】 角谷亮談

角谷亮談のアウトプットに関するものです。

何度か取上げた人の目効果や、ニューロ言語プログラミングでもっとも大切なラポールについて書かれています。



アウトプットによる【成功に必要な力を引き寄せる効果】



継続することで、あなたの成功に必要な信頼貯金がたまっていくことをイメージしてください。


あなたが成功向かって本気であることを、他人が信用してくれると、あなたは人から応援してもらえるような人物になります。

信頼を得るには、目標達成までの道のりを詳細に語れるレベルになることも重要です。
精度の高い計画が立てられることです。
事業計画書が書けることと同様ですね。

自分が達成したい分野について、学習と経験を積むことで可能です。
そして、【ラポール】スキルと熱意があれば、
プレゼンテーション能力が足りない場合でも、応援を取り付けることは可能だと思います。

現実として、そういった成功事例がありますので。

スモールワールドの現象を知って、
応援を取り付けることができるレベルになっていれば、必ずあなたの成功に必要なリソースにめぐりあえます。

イメージとしては、あなたが夢を叶えたいことが本気だということが伝わり、他の人が応援してくれるようになったとします。

あなたを応援する人に

「私には●●が必要です。あなたは●●について詳しいですか?
もしくは、●●について詳しそうな人をご存知ではないですか?
あるいは、そのような人を知っていそうな人をご存知ですか?」と聞きます。

その人が詳しくなくても、人を紹介してもらいます。紹介してもらった人に、また次の人を紹介してもらえば、必ず、あなたは成功に必要なリソースが揃います。

これは成功の黄金法則であり、リアルの世界でも、インターネットを活用しても同じです。

あなたは成功という目標に向けて歩みを止めない限り、絶対に成功に近づけるのです。


スモールワールド現象とは・・・


(引用元:https://ja.wikipedia.org//スモールワールド現象)(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/六次の隔たり)
スモールワールド現象(スモールワールドげんしょう、small world phenomenon, small world effect)は、知り合い関係を芋づる式にたどっていけば比較的簡単に世界中の誰にでも行き着くという仮説である。あえて日本語にすれば(広いようで)「世間は狭い」現象である。
この仮説は社会心理学者スタンレー・ミルグラムが1967年に行ったスモールワールド実験 (small world experiment) で検証され、その後この仮説をもとに六次の隔たりという有名なフレーズが生まれた。この実験ではアメリカ合衆国国民から2人ずつの組を無作為に抽出し、その2人がつながっている場合には、平均すると6人の知り合いを介していることを求めた。

六次の隔たり(ろくじのへだたり、Six Degrees of Separation)とは、全ての人や物事は6ステップ以内で繋がっていて、友達の友達…を介して世界中の人々と間接的な知り合いになることができる、という仮説。多くの人数からなる世界が比較的少ない人数を介して繋がるスモールワールド現象の一例とされる。SNSに代表されるいくつかのネットワークサービスはこの仮説が下地になっている。
この仮説は、後述のスタンレー・ミルグラムの実験を裏づけとして大きく広まったが、それ以前から文学作品などを通じて知られていた。

【SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)との関係】
日本国内最大のSNSコミュニティについて、同社のエンジニアによってスモールワールド性の検証記事が書かれ、6人目で全体の95%以上の人数に到達できることが明らかにされた。Facebookとミラノ大学による共同調査の結果、世界中のFacebookユーザーのうち任意の2人を隔てる人の数は平均4.74人であることが発表された。

【実験】
日本の社会学者も同様の実験を行った。九州を起点として「北海道の知人を紹介してください。もしいなければ、北海道に知人がいそうな人を紹介してください」と人々に尋ね回った。その結果北海道の人間に辿り着くまでの平均人数は7人であった。
コロンビア大学の教授ダンカン・ワッツらが電子メールで同様の実験を行った際は、到達率2%、理論的な仲介人数は5 - 7人であった。

日本のあるバラエティ番組で、「与那国島の日本最西端の地で最初に出会った人に友人を紹介してもらい、何人目で明石家さんまに辿り着くか」という企画が行われたことがある。結果は7人であった。

また、ダウンタウン主演のバラエティ番組において「数珠つなぎ6人で誰の電話番号にでもたどり着ける説」として六次の隔たりが紹介された。番組内では例として、道ゆく人にダウンタウンの松本人志の電話番号を知っていそうな友人に電話をかけてもらい、何人で辿り着くかを検証したところ、結果は4人であった。







角谷さんが指摘する成功を遠ざける結果につながりやすい質問文


成功を遠ざける結果につながりやすい質問として、以下のものがあります。

「どれくらい作業をすれば、どれくらい儲かるのですか?」

これは、時給や月給の契約でない場合、ビジネスとしては「人それぞれ」としか回答ができない質問です。

質問者が本当は何を知りたいかと言えば、「だいたいの当りをつけたい」あるいは「精度の高い計画が立てられるようになりたい」ということに集約できると思います。

成果報酬型のビジネスにおいて、上記の質問に回答を出すことができないのは当然ですね?
成果がでるかどうかは保証できません。
?

その人の質問時点での技能、経験、知識、その人の価値感、持っているリソース、運の要素、時代の変化、参入タイミングなどなど。変数が複数あり、完全に予測できません。


ただ、そういった質問をしてくる人に、1つ言えるとしたら「これぐらいの量をこなしてみることで、最低限のコツは掴めると思います」ということです。

目的意識をもって、学ぶほどに、作業をするほどに、基礎、知識、経験、自信を獲得できます。

それが、収入を獲得する為の【考える】材料になります。
そこからがスタートです。

最終的に身につけて欲しいと考えるのは、年収1千万円を稼げるスキルの習得です。

いくら達成して欲しい目標とはいえ、成果体験が少ない、あるいはまだない人には、大きすぎる数字かもしれません。





探してきた談話からの一節でした。

しっかり考えが土台にあるだと感じました。

ニューロ言語プログラミングと自己啓発からのマインド。

その上に、ライティング、収入ノウハウが乗っかってできたのが角谷亮という印象を受けました。

素晴らしいです。

勉強家であり、実践家だということでしょう。


そんな彼に興味があれば、こちらの「角谷亮情報をまとめたページ」をどうぞ。

たくさんのことを知ると、プログラムが人気のある理由が見えてきますね。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

無料レポートなら、パソコンに保存もでき、いつでも!まとめて!お読みいただけます。
【無料登録は、今すぐ】
» 携帯アフィリエイト・アドセンス収入ノウハウ IRCモバイル無料塾メンバー登録
ブログの記事・内容は、無料レポート形式(PDF)でも読むことができます。
無料メンバー登録をするだけで、携帯アフィリエイト・アドセンス収入獲得に役立つ無料ツール無料マニュアルが手に入ります。
IRCモバイル無料塾は、広告費によって運営している為、メンバー登録に費用はかかりません。
» IRCモバイル無料塾とは?

» 人気ブログランキングへ応援、お願いします。人気ブログランキングに参加中。

»  ブックマーク/RSSリーダー登録でいち早く情報収集!
【携帯アフィリエイト・アドセンス関連リンク】
» 携帯アフィリエイト・アドセンス収入ノウハウ IRCモバイルオフィシャル便利リンク集
» IRCモバイル無料塾フォーラム無料掲示板
» モバイル・携帯SEOサイト自動生成無料ツール「こびっと」について

無料ツール『こびっと』(携帯サイト生成ツール自動SEO機能付)
利用ユーザーさんが成果報告板へ喜びの声と共に、ほぼ毎日 投稿しています。
⇒ 本当に稼げる真実を無料掲示板で見ることができます。

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


「収入面での成功について」角谷亮が語る »
« 角谷亮からのメッセージ「ポジティブに一歩一歩進み目標達成をしましょう!」