2017年10月03日の記事一覧

ibsa塾の評価をNLPフレームにて


ibsa塾の評価をNLPフレームで考えていきましょう。

 

まず、IBSA塾とは、柔軟性と自由があるグループ活動であることが前提です。

 

これは、NLPの諸前提を考えても一致するところでしょう。

 

 

教材にもかかれている通り、自分の必要リソースの習得ができるまで、

ステージ1を繰返すことが可能です。

 

これは、T.O.T.Eの要素が反映されています。

 

 

もちろん、ステージ0を繰返して、

自分の肌感にあうグループを探してもいいわけです。

 

 

このことがiBSA塾をNLP的なフレームで評価できると思う点の一つ。

 

 

 

グループ活動は、いつ辞めるのも自由です。

 

そのことは、教材に書かれています。

 

リーダーも理解しているルールでしょう。

 

 

iBSA塾の活動が自分は合わないと感じれば、やめて他のことをすることが可能ですし、

 

また、リーダーとなんだか合わないと感じれば、塾を退会して、

別の合いそうなリーダーの塾に入ることも自由です。

 

 

たまに、リーダーと合わないからと言って、

iBSA塾ノウハウ全般を批判的に捉えている人がいますが、それは、一般化というメタモデル違反に他なりません。

 

 

この柔軟性がNLPフレームから見て評価できます。

 

うまくいかなければ、何か他のことをする。

 

うまくいくまで続けるだけ。

 

 

こういったNLP的な考え方がバックグランドにあり、iBSA塾ノウハウは組み立てられています。

 

 

人の目効果、アウトプット効果(人に教えることを含む)などの加速学習メソッドなど

様々な効果が考え込まれています。

 

 

NLP的に見て、いくら、良いノウハウだからと言って、

自分に合わなければ、別のことをすればいいです。

 

 

ノウハウの素晴らしさと、合う合わないは別ですから。

 

 

合わないからと言って、否定するのは間違っていますし

 

そもそも、教材を読んでいないのに批判したり、

 

あるいは、批判している内容をみると教材を読んでいないことが原因なこともわかります。

 

 

NLPの観点で評価をすれば、iBSA塾の評価はかなり良いということになります。

 

これが、iBSA塾の評価が高い理由ですね。

 

ほんと、素晴らしいことです。

 

 

 

iBSA塾の評価の一部として、こういったものも見れます。

 

 

iBSA無料塾の評判

 

ビジネススクールとiBSA塾の関係性について

 

 

なるほどっと、思うのは当然です。

 

NLPで設計されているのですから。