2017年05月05日の記事一覧

ニューロ言語プログラミングのすごさ、それはネットビジネスの成功に役立つ。

ニューロ言語プログラミングのすごさは、ビジネスの成功において力を発揮します。

アフィリエイトであれ、プレナーであれ、

直接であれば、パソコンの画面を通じてあれ、人と関わり合いです。

自分と他者の関わり合いでも、自分と自分の関わり合いでも

ニューロ言語プログラムによって、ビジネスの成功を手に入れる確率があがります。

海外情報ソースを調査していたところ、「ACCESSING CUES」について書いていた文献がありました。

ニューロ言語プログラミングは、人の持つ内的な感覚の指標を見たり、聞いたりする為の多くの方法が提供されています。

その一つが感覚的な言語、sensory predicatesです。

人の感覚的な趣向を判断する方法は、 彼らの経験を言語化してもらうことでしょう。

彼らが使用するdescriptorsと sensory predicatesの種類から、推察することが可能と言われて今sう。

「あなたの言っていることが見えてきた」

「あなたの話をきちんと聞いています」

「それは正しいと感じます」

ニューロ言語プログラミングでは、これらを話者が自分の経験の内的感覚をどのようにしているかの表象しているかのACCESSING CUESと言えるでしょう。

狭義では、non-verbalのCUESをACCESSING CUESと言うプログラマーが多いです。

つまり、verbalであるsensory predicatesは、ACCESSING CUESに含まないという考え方です。

視覚的な偏りを示すsensory predicatesには、

黒さ、明るい、鮮明な、カラフルな、 ぼやけた、ぼやけた、

灰色の、ぼんやりした、、きれいにする、

プレビューする、見る、見せる、スケッチする、表示する、

鮮やかにする、見る、目撃する、

などがあります。

聴覚な偏りを示すsensory predicatesには、

聞こえる、騒々しい、騒々しい、静かな、轟音、悲鳴を上げる、

叫ぶ、静かな、歌う、叫んで、叫ぶ、聞いて、

などがあります。

運動感覚な偏りを示すsensory predicatesには、

結合、寒さ、浮き沈み、凍結、握り、つかむ、傷つける、

痛む、圧力をかける、プッシュ、暖かい、絞る。

などがあります。

相手が、よく使うsensory predicatesから、今使っているRepresentational Systemや

この人があるコンテキストにおいて好んで使うPrimary Representational Systemを探ることができるといわれています。

ACCESSING CUESを、non-verbalのものだと考える場合、

external verifiable behaviorをCalibrationすることだと言えます。

使っているシステムからでる特徴や

Primary Representational Systemによる特徴、

または、EYE ACCESSING CUESなどがACCESSING CUESと言われるのが一般的ですね。

これは、相手の得意な感覚システムを知れば、

Rapportの際のペーシングに役立ち、

そして、相手が使っていないシステムにリーディングすることで

「相手の臨場感を支配できると」表現されることがある状態を引き起こします。

Rapportからのペーシング⇒リーディングに役立つことは、

ビジネスの成功に役立つことと動議だと言えます。

これが、ニューロ言語プログラミングの凄さです。

ニューロ言語プログラマーになることは、ビジネスの成功に近づくと言えますね。

ソース元:http://www.thechangeworks.com/images/nlpcues.pdf