角谷 亮の記事一覧

評判の良いiBSA塾の塾長(グループリーダー)は表彰されるほど


知っていましたか?

 

評判の良いiBSA塾の塾長(グループリーダー)は表彰されるほどということを。

 

 

今日は、オフ会ですね。

 

オフ会では、iBSA塾活動でがんばった人などを表彰する楽しいイベントもあります。

 

当日参加できない人は、郵送で送ってくれるそうです。

 

 

嬉しいですね。

 

その様子は、iBSA無料塾のコミュニティでも写真投稿などで見ることができますね。

 

メンバーの成功の為に頑張ったリーダーは、認めてもらえます。

 

そうなると嬉しいから、ますます頑張ります。

 

 

頑張り方がわからないリーダーは、表彰されているリーダーをお手本にモデリングすることで

どう頑張ればいいかが解かりますね!!

 

素晴らしい仕組みです。

 

 

 

認められることで、ますます頑張り、メンバーの成功を手伝うリーダー。

そして、それを見本として、良いリーダーが育つ。

 

この循環ですね。

 

 

そして、ステップ6までを学習し終え、塾長を卒業。

 

R-1ユニット選抜になり、トップアフィリエイターのインターンとなり勉強します。

 

そして、トップアフィリエイターへ。

 

 

また、ジョイントベンチャーのチャンスなどを活かして、起業家への道への進めます。

 

 

そこまでが、iBSA塾を含む育成プログラムなんですね。

 

 

ゼロから始める人、初成果、数万、数十万、100万、1千万・・・

 

億の売り上げまでのプロセスをシステムとして構築しているのが素晴らしいところ。

 

 

本当の利用者、サービス購入者は、ガイドで【森】を見ています。

 

たまに、「木を見て森を見ず」的な誹謗中傷ブロガーがいますが、

本当の利用者ではないことが明らかです。

 

嘘やでっち上げで、有名なものの悪口を書いて注目を集め、自分の利益誘導に使っているだけですね。

 

 

 

【森】を見て発言している方が、真のiBSA塾等のレビュアーですね。

 

 

メンバーさんの成功の為に、運営者のiBSAさんは心を寄せていますから。

 

その為に、ニューロ言語プログラムを決める努力をしているのです!

 

また、その結果が、メンバーさんの成功システムに還元される好循環。

 

 

角谷亮講師って、本当に素晴らしいなって、感動レベルです。

 

 

 

評判の高いiBSA塾の塾長は、今日のオフ会が楽しみですね!

角谷 亮 講師が話す【成功へのタイムマネジメント】

人気講師、角谷さんが語る【成功へのタイムマネジメント】について、
参考になったので転載させていただきました。




忙しくて時間がないと言う多くの人は、実は時間を捻出することができます。
自分の頭なの中に思い浮かぶ言葉や文章、会話、イメージに目を向けてください。

内的会話からネガティブなループ発言を意識して、
ポジティブな内的会話に置き換えていくだけで時間が作れることが多いです。


1日を始める時、あるいは作業を始める時、あるいは仲間と話す時に、一言自分に問いかけてみましょう。

「今から、自分の成功に向けて何ができるのか?
 自分の成功に向けて、何に焦点を当てて時間を使うのか?」


人の愚痴、批判や批評、噂話に会話の時間15分使うより、
成功に焦点を当てて、建設的や生産的なことに15分使って
お互いにアイディアを出し合ったほうが成功に近づきます。

感情がネガティブになるものより、
感情がポジティブになるものに時間を使うことで
モチベーションも上がり、どんどん成功体質になります。

1回15分を100回、200回重ねると3000分にもなります。
成功者は、その3000分、50時間を自分の成功に向けて時間を使います。

ポジティブなことに時間を使っているので、モチベーションもマインドも高まります。

新しいスキルの習得は、まぁまぁのレベルになるのに20時間と言われています。

海外の本で『The First 20 Hours』という本があります。
「新しい事を20時間で覚える方法」をまとめた本です。

米の人気作家・ジョシュ・カウフマン氏は、
自身の体験から4つのコツさえ抑えればたったの20時間で「まあまあ良い」レベルまで到達できると語ります。

ビジネス心理術を学べば、学習のコツも掴むことができるでしょう。

成功者が、なぜ成功するのか?

これが、コツの1つです。

こういったことを考えて、以下のことをお伝えしています。

「ネガティブなことに焦点を当てず
 ポジティブなことに焦点を当ててください」

想像してください・・・
もし・・・人の愚痴、批判や批評、噂話に会話の時間15分使い

1回15分を100回、200回重ねると
3000分、50時間を自分の失敗へ時間を使ったら。

その時間をネガティブなことに焦点を当て続けたら。

あなたは、批評、愚痴を言ったり聞いたりするプロレベル。
それに関しては、相当に上手になるでしょう。
噂にも超詳しい人になります。
そして、成功からは遠ざかります。


そして、ネガティブなことに使う時間は、
あなたから「やる気」「元気」「エネルギー」を奪います。

モチベーションはみるみる低下して、成功から遠ざかります。


ぜひ、成功のタイムマネジメントとして使ってみてください。

・1日を始める時、
・あるいは作業を始める時、
・あるいはメンバーと話す時。

「今から、自分の成功に向けて何ができるのか?
 自分の成功に向けて、何に焦点を当てて時間を使うのか?」

一言自分に問いかけてから、時間を使ってみましょう。

数週間後、数ヶ月後、劇的な違いを生んでいます。

1年後、数年後、成功を手にしていることでしょう!!


お試しあれ。





いいですね。

内的対話や愚痴大会などに時間を使うのであれば、
その時間、自分の力がみなぎる言葉使いをしておくことは成功に重要です。

ニューロ言語プログラミングを学んだ角谷亮講師ならではのステート・マネジメント論でもありますね。

ステートコントロールとタイムマネジメント。

これは、密接であるということを認識させてもらえました。


さて、ニューロ言語プログラミングや角谷亮氏のプログラムに興味を持たれた方も多いのではないでしょうか?

こちら「角谷亮とは」でたくさんの情報を集めていますので、よかったらどうぞ。


それでは、よろしくお願いいたします。





角谷亮からのメッセージ「ポジティブに一歩一歩進み目標達成をしましょう!」

角谷さんから、インターネット収入の成功を目指す人へのメッセージです。


角谷亮からのメッセージ「ポジティブに一歩一歩進み目標達成をしましょう!」

チャレンジする人にお伝えしたいことがあります。


「まずは、数稽古をしない限り、コツはつかめません。」

このことをしっかりと認識していただきたいです。


言い方を変えれば、

「コツを掴むまで、学習と経験を積めば、必ず成功する」ということです。


数稽古をしていないということは、収益を獲得するスタートラインにすら立っていないとお考えください。


コツがつかめなければ、目的の収入をあげる為に何をすべきかの予想も立てられないはずです。

成功する為の精度の高い計画やイメージももてません。

成功は簡単です。成功するまで上る階段を汲み上げるだけです。
その階段の一段一段が、その時に上れる高さになれば成功するのです。

その詳細な成功の階段、段階を詳細にイメージ・計画できれば、あとは上るだけなのです。
そこで、成功に役立つ目標設定ができるようになります。


詳細なイメージができるまでの学習と経験が成功には重要なのです。

階段を上りきるだけのモチベーションがあれば、誰もが自分の思い描ける成功を手に出来るということです。

経験を積んでいないために、あてずっぽうで作業をして成功しない状態、稼げない状態から抜け出せないという状態はさけましょう。


不十分な状態で稼げても運でしかありません。


インターネット収入に考えれば、ブランディング、ライティングスキル、メルマガ読者増、キーワード選定、ジャンル選び、ユーザー層の決定、コンテンツの内容、ビジョン、方向性、アクセスアップ、リピートアクセス、収益アップ、目標の収入までの計画、目標を達成するための戦略・戦術、ノウハウ、応用、独自性・・・。


こういったキーワードは、挙げればキリがありません。
しかし、そういった要素を無視して、以下のような一言を言うのです。

「〇〇万円稼げると思っていたのに・・・」
「期待していたのとは違う・・・」
「予想していたのは違った・・・」


本来、そういった発言をしても良いレベルは、最低限の経験を積み【予測力】がはぐくまれ、【計画の策定】ができてからです。

学習も経験も少ない段階で嘆いたり、文句を言うことは、成功から遠ざかるだけです。

計画や目論見、予想や期待というものを描くための材料がないのですから、上記のような発言をする必要がありません。

かなりの分量の学習と経験をした後で《考え出せる材料》が揃います。


セミナーや懇親会でお会いすると、他社様が販売されている情報商材や 高額な塾に入った人から、愚痴をお聞きする機会もあります。

しかし、愚痴を言うというネガティブな行動にエネルギーを使っても成功しません。


最善の策、行動は、

「そういったことにエネルギーを使うぐらいであれば、1つでも多く作業すること・学習すること」

です。


基礎の習得の為に時間を使うことを、強くお勧めします。

それこそ、エネルギーと時間の有効活用だと思います。


私にも同じ経験がありました。

しかし、販売者に、ネガティブな発言をしたことは、一度たりともありません。
ネガティブな発言をしても、成功に近づかないことを知っていたからです。

「時間・エネルギーの無駄使いをするぐらいなら、成功に一歩でも近づく行動をしよう!」
そう思って、学習と作業を続けてきました。

私も、学習と作業をしていて、思うように進まなくて、愚痴の1つでもこぼしたい気持ちにもなりましたが・・・
私の場合、挫折の連続でしたから・・・

でも、一歩一歩進み、乗り越えていく以外、成功に近づくことはないと知っていたので、愚痴やネガティブな考えを捨てて、作業をしました。

私も、数十万円~百万円単位で、ビジネス投資、情報商材、ツール、高額塾にお金を払った経験があります。

たとえ思っていたものと違ったものであっても、私は、販売者さんに一度もクレームや文句を言ったことも、メールを送ったこともありません。

だって、時間とエネルギーの無駄でしかありませんから。

私は、サポート付の商材を購入した時は、販売者さんに

「いつも感謝の気持ちを込めて、相手が貰って喜ぶ内容」
「相手の時間を奪わない質問の仕方。喜んで返信を書いてくれるにはどう書くといいのか?」

そういったスタンスで接触しました。


はじめたばかりの時期には、販売者さんに質問のメールを書くのに、2・3時間かけて、メールを書いていました。 まるで、ラブレターのように、好きな相手が貰って喜ぶメール。

「この人は、まだ私が知らない何かを知っているかもしれない・・・」

そういった謙虚な想いで、販売者さんとやり取りをしていました。
謙虚な気持ちで相手に接すれば、相手も何かしら良い情報を提供しようと思ってくれましたよ。

もちろん、同じノウハウ実践を共にする他の購入者さんへのメールや掲示板での交流でも、同じ気持ちで接しました。

あの時、もし私がネガティブな質問や、感謝の気持ちのないメールなどでやりとりしていたらと思うと、ぞっとします。


そういったネガティブな気持ちが入ったメッセージは、受け取る相手にも申し訳ありませんし、仲間との良い関係が持てず、現在のような収益は今も上がっていないかもしれません。

私はネガティブな捉え方をせず、相手を疑うような接し方をせず、情報提供者さん・質問や相談に答えてくれた仲間の言うことに素直に耳を傾けて、言われたとおりに作業を進めました。

私の場合、成果らしい成果がでるまで時間がかかりましたが、それまで諦めませんでした。

成果が出なかった期間は、基礎習得の為に、数稽古でコツを掴んでいったことになります。

すると、不思議なことに・・・

だんだんと情報提供者さんからいただいた情報に対して、
「どれを自分はすべきか?」その判断ができるようになりました。

「自分にとって良い情報」、「自分にあった情報」を選別できるようになって、その情報を作業にフィードバック。

そこからです。成果が計画して出せるようになったのは!



私が諦めなかったのは、どれだけ失敗を重ねても、
それは成功につながる【学び】や【経験】に過ぎないと知っていたからでもあります。

コツコツと一歩一歩を進めていきましょう! 私たち講師は、それを応援します。

私たちも、情報を提供する側として、また1人の人間として、頑張る方・諦めない方と、真剣に向き合っていきたいと考えております。

インターネットビジネスを一緒にしていく仲間として、頑張っていきましょう!


ネガティブな発想が出た時は・・・
「無駄なことに時間とエネルギーを使っているな!」と、気付き。

「悩みやイライラがあるのは、分からないことがあったり混乱しているからだ」

「・・・ということは、分かるまで調べたり、手を動かせば、この感情は消える」

「その後は、一つ成長して、次のステージに立っている・・・」

「なんだ!ネガティブな感情は、次の成長の為のシグナルだったんだ!」


そんなふうに、ネガティブな感情は、見方をかえることで、あなたを成功に導くポジティブな感情に切り替えられますから。


ポジティブな状態になれば、そのプラスのエネルギーで、《やる気》がでます。

《やる気》がでれば、《手が動きます》。

《手が動けば》、《経験を積みます》。

《経験》によって、《知識・スキル》が身についていることに気がつくでしょう・・・



その段階で、振り返れば、

・悩んでいたことが解決している。
・分からないことが理解できている。
・できなかったことができるようになっている。

ということを体感しています。


つまり、

×)ネガティブなままでは、何も解決しないし、一歩前に進んでいないのにくらべて、

○)気分を切り替えて、手を動かせば、そもそもネガティブになった原因を取り除けている状態へとつながっているんですね。


イラッとした時は、ちょっと楽観的な見方をしてみると、 とても良いと思います。そのほうが、幸せですしね。


他の購入者さんと一緒に、目標達成に向けて進みましょう!
それでは、自分が成功するイメージを頭に浮かべてワクワク、楽しんで、ポジティブに!




他に、角谷亮のメッセージが読みたい、知りたいとう方は、
こちらに情報をまとめているので、ご覧になってください。


このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加2017年01月17日 | Comments Off | トラックバックURL |

カテゴリ: 角谷 亮

アウトプットによる【成功に必要な力を引き寄せる効果】 角谷亮談

角谷亮談のアウトプットに関するものです。

何度か取上げた人の目効果や、ニューロ言語プログラミングでもっとも大切なラポールについて書かれています。



アウトプットによる【成功に必要な力を引き寄せる効果】



継続することで、あなたの成功に必要な信頼貯金がたまっていくことをイメージしてください。


あなたが成功向かって本気であることを、他人が信用してくれると、あなたは人から応援してもらえるような人物になります。

信頼を得るには、目標達成までの道のりを詳細に語れるレベルになることも重要です。
精度の高い計画が立てられることです。
事業計画書が書けることと同様ですね。

自分が達成したい分野について、学習と経験を積むことで可能です。
そして、【ラポール】スキルと熱意があれば、
プレゼンテーション能力が足りない場合でも、応援を取り付けることは可能だと思います。

現実として、そういった成功事例がありますので。

スモールワールドの現象を知って、
応援を取り付けることができるレベルになっていれば、必ずあなたの成功に必要なリソースにめぐりあえます。

イメージとしては、あなたが夢を叶えたいことが本気だということが伝わり、他の人が応援してくれるようになったとします。

あなたを応援する人に

「私には●●が必要です。あなたは●●について詳しいですか?
もしくは、●●について詳しそうな人をご存知ではないですか?
あるいは、そのような人を知っていそうな人をご存知ですか?」と聞きます。

その人が詳しくなくても、人を紹介してもらいます。紹介してもらった人に、また次の人を紹介してもらえば、必ず、あなたは成功に必要なリソースが揃います。

これは成功の黄金法則であり、リアルの世界でも、インターネットを活用しても同じです。

あなたは成功という目標に向けて歩みを止めない限り、絶対に成功に近づけるのです。


スモールワールド現象とは・・・


(引用元:https://ja.wikipedia.org//スモールワールド現象)(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/六次の隔たり)
スモールワールド現象(スモールワールドげんしょう、small world phenomenon, small world effect)は、知り合い関係を芋づる式にたどっていけば比較的簡単に世界中の誰にでも行き着くという仮説である。あえて日本語にすれば(広いようで)「世間は狭い」現象である。
この仮説は社会心理学者スタンレー・ミルグラムが1967年に行ったスモールワールド実験 (small world experiment) で検証され、その後この仮説をもとに六次の隔たりという有名なフレーズが生まれた。この実験ではアメリカ合衆国国民から2人ずつの組を無作為に抽出し、その2人がつながっている場合には、平均すると6人の知り合いを介していることを求めた。

六次の隔たり(ろくじのへだたり、Six Degrees of Separation)とは、全ての人や物事は6ステップ以内で繋がっていて、友達の友達…を介して世界中の人々と間接的な知り合いになることができる、という仮説。多くの人数からなる世界が比較的少ない人数を介して繋がるスモールワールド現象の一例とされる。SNSに代表されるいくつかのネットワークサービスはこの仮説が下地になっている。
この仮説は、後述のスタンレー・ミルグラムの実験を裏づけとして大きく広まったが、それ以前から文学作品などを通じて知られていた。

【SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)との関係】
日本国内最大のSNSコミュニティについて、同社のエンジニアによってスモールワールド性の検証記事が書かれ、6人目で全体の95%以上の人数に到達できることが明らかにされた。Facebookとミラノ大学による共同調査の結果、世界中のFacebookユーザーのうち任意の2人を隔てる人の数は平均4.74人であることが発表された。

【実験】
日本の社会学者も同様の実験を行った。九州を起点として「北海道の知人を紹介してください。もしいなければ、北海道に知人がいそうな人を紹介してください」と人々に尋ね回った。その結果北海道の人間に辿り着くまでの平均人数は7人であった。
コロンビア大学の教授ダンカン・ワッツらが電子メールで同様の実験を行った際は、到達率2%、理論的な仲介人数は5 - 7人であった。

日本のあるバラエティ番組で、「与那国島の日本最西端の地で最初に出会った人に友人を紹介してもらい、何人目で明石家さんまに辿り着くか」という企画が行われたことがある。結果は7人であった。

また、ダウンタウン主演のバラエティ番組において「数珠つなぎ6人で誰の電話番号にでもたどり着ける説」として六次の隔たりが紹介された。番組内では例として、道ゆく人にダウンタウンの松本人志の電話番号を知っていそうな友人に電話をかけてもらい、何人で辿り着くかを検証したところ、結果は4人であった。







角谷さんが指摘する成功を遠ざける結果につながりやすい質問文


成功を遠ざける結果につながりやすい質問として、以下のものがあります。

「どれくらい作業をすれば、どれくらい儲かるのですか?」

これは、時給や月給の契約でない場合、ビジネスとしては「人それぞれ」としか回答ができない質問です。

質問者が本当は何を知りたいかと言えば、「だいたいの当りをつけたい」あるいは「精度の高い計画が立てられるようになりたい」ということに集約できると思います。

成果報酬型のビジネスにおいて、上記の質問に回答を出すことができないのは当然ですね?
成果がでるかどうかは保証できません。
?

その人の質問時点での技能、経験、知識、その人の価値感、持っているリソース、運の要素、時代の変化、参入タイミングなどなど。変数が複数あり、完全に予測できません。


ただ、そういった質問をしてくる人に、1つ言えるとしたら「これぐらいの量をこなしてみることで、最低限のコツは掴めると思います」ということです。

目的意識をもって、学ぶほどに、作業をするほどに、基礎、知識、経験、自信を獲得できます。

それが、収入を獲得する為の【考える】材料になります。
そこからがスタートです。

最終的に身につけて欲しいと考えるのは、年収1千万円を稼げるスキルの習得です。

いくら達成して欲しい目標とはいえ、成果体験が少ない、あるいはまだない人には、大きすぎる数字かもしれません。





探してきた談話からの一節でした。

しっかり考えが土台にあるだと感じました。

ニューロ言語プログラミングと自己啓発からのマインド。

その上に、ライティング、収入ノウハウが乗っかってできたのが角谷亮という印象を受けました。

素晴らしいです。

勉強家であり、実践家だということでしょう。


そんな彼に興味があれば、こちらの「角谷亮情報をまとめたページ」をどうぞ。

たくさんのことを知ると、プログラムが人気のある理由が見えてきますね。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加2017年01月15日 | Comments Off | トラックバックURL |

カテゴリ: ニューロ言語プログラミング 角谷 亮

「収入面での成功について」角谷亮が語る

ニューロ言語プログラミングを学び、成功哲学を学び実体験している角谷亮さんが
収入面での収入について語っています。



良質な判断材料を手に入れるのには、経験や体験が必要です。

ノウハウコンテンツを一通り学習・体験したことで、収益シミュレーションができます。

実際の収入獲得体験は、ゼロスタ教材類を繰り返すことで十分に得ることができます。

ここまでの体験で、やっと計画が立てられます。
収益計画が、初めて立てられるということですね。

体験から、ご自身で収益シミュレーションをして、収益計画を立ててください。

その計画をしっかり意識して、目標金額を目指して達成するまで実践しましょう。

成功のコツを掴むための数稽古をしましょう。

外注したい、人に仕事を任せたい、もっと簡単に大きく稼ぎたい・・・。

大きな目標がモチベーションとなってスタートする原動力になったことはいいことです。

そして、スタートしたら、そういった考えはメタアウトカムとします。



お考えのような方法は、本当にこの世には存在しますが、現実化するのは、もっと先です。

なので、アウトカムの向こうにあるメタアウトカムにします。



物事には、順序があります。
そこに行き着くためには、コツや知識、経験がないとたどり着けません。


まずは、基礎や基本をコツコツと積み重ねることでしか、大きな目標には到達できないのは当たり前ですよね?


飛び級で、イメージだけが膨らんでしまうと、現実とのギャップができ、期待との差にガッカリして、挫折し諦めてしまうのです。


大きな目標を達成する為に、ゼロスタの時はコツコツとですね。

『諦める』という選択肢を選んでいただきたくないので、
アフィリエイトやインターネット収入の中級者や上級者になってから、効率化や収益の拡大、大きな金額の目標設定、自動化・外注化などを考えるといいのではないかと思います。

スタートする時に、大きな夢をモチベーションに参入した後、
スタートしたら、その夢をメタアウトカムとします。

実際の学習や作業開始では、先過ぎる目標や、飛び級することばかりを考えてしまうことで、手が動かず、経験も知識も積み重ねられないのでは、あなたの貴重な時間を無駄にすることになります。

なので、小目標、中目標、大目標、メタアウトカムに設定して
日々の作業は小目標達成に向かいます。


最低限のコツと知識が蓄積されてから、【本当に実現する素晴らしいアイディア】が生まれるのです。


その段階にコマを進めるために、これから最低限のコツを掴んでいきましょう。




まず、練習は質より 量とフィードバックが大切

十分な量をこなしたて選択眼がはぐくまれた後はじめて質にこだわれます。

とにかく、練習を楽しんでください。
基本的には、練習ですので、成果を求めすぎず、経験が増えていくことを実感しましょう。


勉強になったり、時にはへこんだりする経験になることあるでしょう。

そのことを前向きに捉え、学習リソースとして活用すれば、目標達成に役立つ経験に変えられます。

意味づけのリフレーミングを活用しましょう。


「失敗は成功の元など」自分の好きに慣れそうな言葉を集めておくことも対策のひとつです。


とにかく、量をこなしましょう。
十分にフィードバックとして機能しますので。

質にこだわるのは、大方の練習が終わってからでいいです。

練習の最初のほうは、とくにかく質より量でいいと思います。

量をこなさいと、質を求めることはできませんから。






なるほど。

いいですね。


大きな期待を持ってスタートする決意する

スタートしたら、それをメタアウトカムにする

これは、とても重要な考え方です。


大きな夢は人を動かす原動力ですが、
それでスタートすると、基礎力を身につけるゼロスタの時に挫折の元になることがあります。

なので、メタアウトカム、アウトカムという考え方を適用するといけますね。


ニューロ言語プログラミングを勉強した角谷さんのフレームは流石ですね。

他にも、興味があるのでれば、こちらの一覧をご覧下さい。



このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加2017年01月14日 | Comments Off | トラックバックURL |

カテゴリ: ニューロ言語プログラミング 角谷 亮

角谷亮が語る「成果がでない人が陥るポイント」

自分の失敗、成功体験、膨大な指導実績、そして心理学から、
成果がでない人が陥りがちなポイントを解説してくれています。

このことがプログラムにデザイン設計されているから、
利用者からの喜びの声が多くなることにつながっているだと思います。


角谷亮が語る成果がでない人が陥る3つのポイント


目標を設定して、目標に向かって進めば、必ず成功に近づいています。

結局は、正しい方法で経験を積んでいけば、基礎が身につきます。

1.基礎が身につけば、成果がでます。
2.基礎を身につければ、応用ができます。
3.応用ができれば、大きな成果を目指せます。

私たちは、数年にわたって、アフィリエイトやインターネット収入を目指している人を
見てきました。

成功しない人、成果がでない人に共通するポイントは3つです。

●間違った方法を選択して実践している(練習している)
●実際の作業が少ない
●作業の結果を実感できない為、手が進まない(やめる)

以上の挫折ポイントを回避できるのが、
ワークや練習ができるコンテンツや特典にある作業ベースで解説されている講座や教材だと言えます。



間違った方法を選択して実践している(練習している)


初心者の人が間違った方法を実践する原因は、結局は自主作業なので、なんだかんだ、
その通りにしないで自己流になったり、ラクをしたいとか、
他の情報を組み合わせたり、独自な方法を絡めてしまったりするからです。


基礎が身に付いていない段階は、
正しい方法の選定をする為のリソース(判断材料)がない状態だといえます。

基礎が身に付くまでは、教材通り、マニュアル通りに学習や作業を進めることが良いでしょう。

何事も学び始める時は、守破離を意識したほうが効率的です。

▼守破離とは (引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/守破離)
守破離(しゅはり)は、日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。日本において左記の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想でもある。個人のスキル(作業遂行能力)を3段階のレベルで表している。
まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自在になることができる。武道等において、新たな流派が生まれるのはこのためである。

個人のスキル(作業遂行能力)をレベルで表しているため、茶道、武道、芸術等だけでなく、スポーツ、仕事、勉強、遊び等々、世の中の全ての作業において、以下のように当てはめることができる。

守:支援のもとに作業を遂行できる。 ~ 自律的に作業を遂行できる。
破:作業を分析し改善・改良できる。
離:新たな知識(技術)を開発できる。


例(ラーメン作り)
守:ラーメンをレシピ通りに作ることができる。
破:ラーメン(守の段階で作ることができるようになったラーメン)のスープや麺、具材等をよりおいしくアレンジすることができる。レシピもより作りやすいようにアレンジすることができる。
離:ラーメン店を開業し、オリジナルのラーメンを作ることができる。あるいは、ラーメンから進化した新たな料理を作ることができる。




実際の作業が少ない


ノウハウを読むことに時間を使っているので、やった気にはなるが・・・
実際には、作業量自体が少ないことが理由で結果がでないことがあります。

毎日のオーディオ学習で、作業の予習とモチベーションアップ、マインドセットの強化を行うことで、実作業の下支えをしていきます。

実際の行動として、ワークや練習ができるコンテンツや特典にある作業ベースで解説されている講座や教材を活用するといいでしょう。


また、作業しながら、平行して毎日のオーディオ学習をすることで、
作業内容の予習復習からの実作業の強化、
モチベーションの維持・マインドセットの強化により、作業に継続性をもたらします。

目標達成まで正しい作業をすることが成功を掴み取るコツですから、
この維持が重要だということはお気づきだと思います。

継続さえすれば、目標達成に必要な作業量をこなすことは可能です。



作業の結果を実感できない為、手が進まない(やめる)


自分が行動しても、売上につながるかどうか、
あるいはアフィリエイトなど広告成果がでるかどうかは自己責任です。

作業をしても、しばらく成果がでないことは普通です。
この成果の実感がないことも、挫折の要因のひとつです。

そういった初心者さんの挫折原因を解決するのが、
毎日のオーディオ学習によるモチベーションの維持・マインドセットの強化です。

そして、定期的な目標設定の修正、毎日、紙に書いた目標を見ることです。


他にも、コーチング練習をすることで心理効果、人の目効果により挫折を防ぐ効果があります。

グループ活動で、人の目効果を活用するのは得策です。
私たちも、実際に成果がでているノウハウと案件をセットで提供しています。
それは、挫折する必要のない設計を意識してのことです。


また、私が設計したプログラムの特徴のひとつは、受講期間が長いこともメリットのひとつです。

いったん休憩して、気分が切り替わったら、また学習と作業を再開することができるので、「やめる」「挫折する」必要がなくなりました。

辞めるのではなく、休憩。

いつでも再開できることも、成功を保証するリスクヘッジのひとつと言えそうですね。





以上、角谷亮氏が語る成果がでない人が陥りやすいポイントでした。


目次となっている【こちらのページ(角谷亮とは)】にも掲載していますが、

この流れは、以下の記事から続いています。

角谷亮 名言集・名言まとめ03
から
角谷亮 名言集・名言まとめ09
と、
角谷 亮が語るインターネットで人の目効果を利用する方法のひとつ

ご興味があれば、合わせてお読み下さい。


プログラムの設計の意図が読み取れます。





このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加2017年01月13日 | Comments Off | トラックバックURL |

カテゴリ: 角谷 亮

角谷 亮が語るインターネットで人の目効果を利用する方法のひとつ


角谷亮氏は、グループ活動や同じ志がある人たちと一緒にいる環境、コミュ二ティの利用を人の目効果として推奨しています。

そこに、スモールワールド現象とインターネットの関係も加味し、
次のような発言をしています。


六次の隔たり(ろくじのへだたり、Six Degrees of Separation)とは、全ての人や物事は6ステップ以内で繋がっていて、友達の友達…を介して世界中の人々と間接的な知り合いになることができる、という仮説。多くの人数からなる世界が比較的少ない人数を介して繋がるスモール・ワールド現象の一例とされる。SNSに代表されるいくつかのネットワークサービスはこの仮説が下地になっている。
この仮説は、後述のスタンレー・ミルグラムの実験を裏づけとして大きく広まったが、それ以前から文学作品などを通じて知られていた。
ja.wikipedia.orgより


1.収入を得る後、叶えたい夢を3つ考えてください。


(お金が充分にあればやってみたいこと・達成したい夢を3つ)※3つ以上でもOKです。

例:
・家族と豪華客船で世界一周旅行する!
・仕事場(書斎)のある素敵なマイホームを建てる!
・起業!独立するぞ!

書き出したら、夢に関連する画像や写真、映像を探して見ましょう。そして想像を膨らませましょう。
ワクワクする気持ちをマックスにしましょう。(※ポジティブでエネルギッシュに!)
(グーグル画像検索、動画検索、パンフレットやチラシ、見学して写真や映像を撮ったりする!)



2.「今日も夢の達しに役立つことは何か?」と頭に質問してから学習する


必ずアファメーション(肯定的宣言)してから聴くことが大切です。
(※目標への焦点化した状態でのインプット)



3.SNSやブログ、メルマガでアウトプットする。


アウトプットを前提としたインプットは学習効果が高いです。



角谷亮氏の語る効果的な学習方法


このように、学習で毎日夢の達成に焦点を当て、SNSやブログに勉強したことを書きます。

この継続の効果はスゴイです。
数ヶ月、1年、3年と週5回、勉強した日記を投稿すると・・・・

それを「正攻法の成功法」に書いている最後の行動をした時にどう影響できるでしょうか?

あなたが年収1千万円になるためのビジネスモデルを計画し人に聞いてもらった時・・・

前置きがない状態の場合、相手は「本当にやるの?できるの?」と感じるでしょう。

しかし、その相手があなたの3年間、毎週5回 勉強していることを書いている日記を見ていたら・・・

「うん、あなたなら必ず成功できるでしょうね」
そう言われるでしょう。

計画によっては、出資をしてくれたり、資金を貸してくれたりするでしょう。

起業するときの融資を受けるためにやっておくと良い事として、金融機関、信用金庫などに、起業の数年前から、毎月、毎月、貯蓄をしていくことが挙げられます。

融資する側の金融機関が、この毎月 貯蓄していく行動を見たら、それは信用実績ということになります。

「その人になら、融資したら、必ず利息をつけて返済してくれる」

追加融資を受けるときも同じで、毎月、期限に遅れることなく数年返済を滞りなくやっていると、それは、返済実績となり、信用となります。

これと同じです。

毎週5回、勉強していることを日記として更新している姿から・・・
勤勉さ、真摯な姿、真面目さ、継続力、忍耐、本気度、やり遂げる期待をイメージするではないでしょうか?

そうですよね。
あなたがスピード成功することや夢を達成するのに、役立つということはこういった点でも役立ちます。


「あなたの紹介(アフィリエイト)で商材を購入したいのですがどうすればいいでしょうか?」
そんな相談を受けることもあります。

なぜなら、半年、1年と毎週5回、夢に向かって勉強しているその姿を見て、あなたの人間性を感じ、信頼感を持つからです。

もし、そういった声をもらったら、私にご相談ください。




以上です。

人の目効果、スモールワールド現象、加速学習効果、ニューロ言語プログラミング


人の本来持つ資質と社会心理学の背景も考えられた方法を角谷氏は提唱しています。


このようなバックグランドからプログラムをデザイン設計している為に、
とても人気があり、好評なのでしょう。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加2017年01月12日 | Comments Off | トラックバックURL |

カテゴリ: ニューロ言語プログラミング 角谷 亮

角谷亮 名言集・名言まとめ09

今回、9回目の角谷亮 名言集・名言まとめです。

連続で、お話的な考え方の文章を取上げています。

あと何回かとりあげたら、名言集タイプに戻りたいと。


では、角谷講師は、どのような学習方法を推奨しているのかみましょう。



オーディオ学習について語る角谷亮


オーディオ学習効果がスピード成功に役立つと考えています。

モチベーションコントロール・自己啓発、マインドセット・成功哲学に関連する学習がお勧めです。


スタートしたら、必ず時間を取って聴き続けてください。繰り返し聴いてください。
お時間がとりにくい時は、合間時間に聴いてください。


モチベーションの維持・向上してきたら、
「よし!マニュアルやノウハウ通りに実践してみたい!」と考えて、
そして実践し続けることを目指してください。

成功を手にするには継続あるのみ。
続けることに忍耐や粘りが必要になる場面もあるかもしれません。


パソコン・タブレット・携帯プレイヤーで時間を作ったり、隙間時間で聞き流すことから始めましょう。

聴くことが習慣になり、何度も同じ内容を繰り返し繰り返し聴くことが重要です。

1回聴くだけではダメです。3回より5回。5回より10回・・・
とにかく繰り返して聴き続けてください。

自分の成功を強く願いながら聴くことで最大の効果を発揮してくれます。



角谷氏のトレーナーから指導を受けている時に


私がトレーニングを受けている時に、トレーナーからオーディオ学習することが大切だと教えてもらいました。
私もオーディオコンテンツを移動時間、合間時間に1回、2回と聴いた時期に、こんな出来事がありました。

あるビジネス戦略を話しあう機会に、トレーナーが事例や良いアイディアを素早く的確に発言し、マーケティングセールスの計画を早く正確に立てることに驚きました。

そこで、質問しました。
「トレーナーは、どうして、そんなに頭がいいのですか?」

トレーナーは、答えました。
「例えば、私の発言した箇所。あなたに聞いてもらっているオーディオコンテンツの内容と同じではないですか?」

私は、記憶をたどりました。
「たしかに、言われてみればそうですね。毎日聞いている音声にそういった話がでていました。私も聞いているのに、そんな答えがでません。私とあなたの頭の良さの違いですか?」

トレーナーは、真剣な顔をして教えてくれました。

「あなたは、せいぜい数回しか聴いていないでしょう。私は、あなたが聴いているオーディコンテンツを100回以上繰り返して聴きました。何か気が付きませんか?

これは、頭の良さの差ではありません。聴いている回数の差です。

成功哲学の本もそうです。大抵の人は、読むと良いとわかっている本を始めから最後まで1回読んで、『私は、その本を読みました。この本を読んで成功している人がいます。私は、なぜ成功しないのか?わかりません』という人がいます。


私は、重要だと感じた成功哲学の本を何度も読み返しました。読むごとに理解が深まります。読むごとに新しい発見がありました。自分の状況によって、同じ箇所を読んでも学べることが変わります。
良い本は暗記する勢いで読むことが成功につながると私は信じています。

しかし、現代人は忙しいです。情報のアップデートなど、多くの情報に触れる必要もあります。
その為、私は【成功の為の[同じコンテンツの繰り返し学習]するスタイル】を読書からオーディオ学習に変更しました。数年間、同じオーディオコンテンツを繰り返し繰り返し聴きこみました。かなりの部分を暗記するほどに聴きました。

そうすると、ビジネスの場面場面で、まるで自分の考えのように無意識から自然と、すぐに答えが浮かび上がってくるようになってきました。あるいは、良い判断ができるようになりました。

それは、先ほど、あなたが見て驚いた場面と同じです。驚くほど早くアイディアを出したり、正解にたどり着いたり、良質の計画を立てる私の能力を目にしましたね。

そして、そのことを超人的な能力だと感じて、自分にもできるか不安になったと思いますが、あなたにもできます。
あなたが天才だと感じる人と他の人の差は、ほとんどが繰り返し学習の回数の差と言ってもいいでしょう。

あなたは数回聞いています。私は100回以上聞いています。何か気が付きましたか?」


私は、その話しをトレーナーから教えてもらい、同じコンテンツを繰り返し繰り返しオーディオ学習するようになりました。そして、その学習スタイルが習慣となるまで続けました。

そうすると、私にもトレーナーが体験したようなことが起きはじめたのです!!

皆さんにも、同じような体験をして欲しいと真剣に考えています。

寝る前、横になりながら、移動時間、仕事の合間、休憩がてら、家事をしながら、家事の合間、トイレやお風呂、散歩中など、時間を見つけたら聴きまくりましょう。






確かに、移動時間や合間時間、作業の休憩の時間をオーディオ学習に割り当てることは
他の人と差がつく行動だといえます。

24時間のうち、何時間、成功に向けて進んでいるか?

結局は、その差がものをいうように感じます。

もちろん、学ぶことで効率化やスピード成功もあるのですが、
気合と言うか、やる気と言うか、意志というか、
合間の時間にも学習している姿勢を見れば、
その人が成功することは、理解できます。


角谷亮講師に興味がでたという方は、
名言まとめ1~8も掲載している『角谷亮とは』のページをどうぞ。


プロイフィール他、いろいろ紹介しています。

こんな角谷 亮 | Facebookについても取上げていますし
インタビュー記事も取上げています。


ご興味があれば、ぜひ、立ち寄ってみてください。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加2017年01月10日 | Comments Off | トラックバックURL |

カテゴリ: 角谷 亮

角谷亮 名言集・名言まとめ08

いい反響です。

角谷亮さんの考えの下地が、好評化のプログラムを作ることができるのですね。


どのようなプログラム開発を目指しているのでしょうか?




成功を目指す方のビジネス心理術学習プログラムとは?


●心理テクニック・人間心理について学ぶこと
●モチベーションコントロール・自己啓発について学ぶこと
●マインドセット・成功哲学について学ぶこと

この3つがメインだと考えています。


このことを学んでいれば、ノウハウを選ばず成功に進めると思います。


まだ、判断能力を伸ばしていないので、
どの収入ノウハウを選べていいかわからないという方もご安心ください。


収入ノウハウもセットでご用意していますので。



もちろん、すでに経験を積み、良質な判断ができる判断材料・リソースをお持ちで、
「私はこの収入ノウハウに決めている!」あるいは「私はこのビジネスモデルでやるんだ!」という方は、それでOKです。


結果がでることが確定している収入ノウハウを選択すれば、あとはモチベーション、
やる気、根気、忍耐力による目標収益を達成するまでの継続力ですね。


まずは何事も練習です。練習してみましょう。

慣れることで、いろいろなことを学習し、無理だと思っていたこともできるようになります。

はじめはわからなくていいです。練習していくうちに学習が進みます。

わからないと手が止まったら、気分が戻るまで休憩して再開すればOKです。

作業の手を止めている間も、必ず毎日、オーディオ学習は続けてください。



◆何をやっていいかわからない・・・

◆私には、無理だ・・・

◆まったくの初心者(素人)でも大丈夫なの?心配・・・

◆やる気にムラがでるかも・・・不安だ・・・

◆どの方法を選択すればいいのかわからない・・・

◆どんな収入ノウハウでも、ビジネスモデルでも成功したい!


どうしても気分が乗らないときは、モチベーションが上がるまで、
モチベーションが上がるように、オーディオ学習しておくことがお勧めです。


休憩して再開、自分のペースに合わせて学習することが可能です。


オーディオ学習だけは毎日行い、再開への焦点化を持ち続ければOKです。



モチベーションの低下や、目標の焦点化がうまくいっていない
自信の喪失、時間がとれない、忙しい、集中できない
学習することにエネルギーを避けないなどの原因があっても問題ありません。


一時活動をお休みいただいても大丈夫です。


あきらめ限り、再開して、成功するまで進めることができますから。





角谷亮氏の語る目標設定


自己啓発、成功哲学、ビジネス心理術を学ぶことで、
加速された成功が手に入ります。


必ず、目標設定はスピード成功に向けて行いましょう。


【目標設定・目標指向による焦点化パワー活用(スピード成功)】

スピード成功する為に活用したいパワーの1つが目標への焦点化による力です。
焦点を当てて進むことは、パワフルな結果を生みます。

電球とレーザー、同じ電力でも、パワーが違います。

レーザーは、遠くまで届きますし、目に直接当ると怪我をしたり、
タバコに火をつけたりすることもできます。集中することでパワーがすごくなります。


成功に向けた行動でも同じだと感じています。
レーザー思考で行けば、成功は加速されます。

目標を強く意識するほど、目標への焦点化が強くなります。

目標への意識づけの強さ(印象の強さ)×目標を見る回数 です。


焦点化は力です!目標に焦点を当て、レーザー思考で進めば、成功は加速されます!

しかし、目標は、どんなものでも設定すればいいということでありません。

良い目標設定をすることが重要です。良い目標設定をするには、リソースが必要です。
目標達成に向けて必要な知識や情報、経験やスキル、良質な判断材料となる体験などです。
学習を進めるごとにリソースは増えていきます。

受講中は定期的な見直し、目標の書き直しをしていただきます。
充分なリソースが揃った時に設定した目標は、良い目標設定と言えます。

つまり、学習を進めながら、定期的に、何度も何度も目標を書くことで良い目標設定ができるということです。






成功哲学、自己啓発、ビジネス心理術の学習の進め方


学習の進め方は、人により、自分のペースで学習していただけます。

陸上競技の中距離走、長距離走、特にマラソン競技でペースメーカーという役割の走者がいらっしゃることはご存知でしょうか?

彼らのミッションは、一定のペースでレースを先導し、レースのペースを作ることです。
昨今のレースで、好タイムが生み出される良い要因として、ペースメーカーのアシストが大きいと言われています。

同じような成功を目指す仲間や、講座などを受けて、ペースメーカーとしてもいいでしょう。


【学習のアウトプット】は、アウトプットを意識してインプットすることは加速学習効果があり、スピード成功に役立ちます。

※インプット…学習により情報を入れること
※アウトプット…学習したことを書きだすなど、情報を出力すること。
 特に人に教える為にインプットするときは最も効果的な加速学習効果があります。


同じことを学ぶや先輩、同期や後輩との交流すること、
わからないことを質問して答えてもらったり、相談したり、
あるいは、質問に答えたり、相談を受けたりすることで加速学習になります。


「私は、何か聞かれたり、相談されたら答えるようになりたい!」という想いは成功を加速させます。

人に教えることに焦点を当てて学習をすることを加速学習の観点から推奨しております。

まずは、自分が先輩に答えてもらって、教えてもらう体験をしましょう。
その体験があれば、人に教えるときに役立ちます。

「あの人の回答の仕方が好き。私もそのようにしよう」

「あの人の教え方はわかりやすかった。私も真似てわかりやすく教えられるように頑張る!」



教えあい、解決手段を自分達で見つける姿勢が加速学習も生み、
さらにシナジー効果を活用するスキルアップにつながり、スピード成功に役立ちます。




心理学的な考えを元に、成功へのアドバイス、プログラムを作っておられるようです。


興味があれば、よろしければ、以下のページをご覧下さい。

> 角谷亮とは


成功プログラムって凄いですね。



このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加2017年01月09日 | Comments Off | トラックバックURL |

カテゴリ: 角谷 亮

角谷亮 名言集・名言まとめ07

人気です!

はや7回目。

ビジネス心理講座 人気講師の角谷亮氏の逸話など。

みなさんの興味が強いようです。

アクセス急増。


角谷亮氏の過去の発言や記事、情報提供の中から、
心に響いたものや、成功に役立つものを集めました。



角谷氏の語る目標設定メソッド


目標設定をして、目標へのベクトルに進む日々を重ねれば、目標が達成(成功)します。
目標が達成しないのは、

目標設定ややり方が間違っていたか、

目標を達成するまでの行動量に足りていないだけ。

正しい目標設定や正しいやり方は、情報が増えることで正しくなります。

情報は、学習や経験にて増えるから大丈夫。

つまり、定期的に目標設定の修正をしながら、
毎日、目標に向かって行動を進める限り、絶対に目標達成(成功)します。


私達は、そのことを信じていますので、
目標達成が成功する為に最も重要であることの1つだと考えています。


目標設定するには、目標設定をする為のリソース(資源・材料・情報)が必要です。

ビジネス心理術を学ぶことで良質な目標達成ができるリソースが揃ってきます。

何度も目標設定をし続けることで、リソースが充分な状態のときの目標設定にたどり着きます。

目標設定として、重要なものとして、収入イメージや収入に対する情報があります。

ここでは、収入についてイメージをしてみましょう。




いろいろな収益シュミレーションをイメージしてみる


どんな収益を上げている人がいるのか?

情報を調べながら、実際に収益を手にしている人がいることを知るでしょう。

例えば、

媒体運用から収入を得るイメージ。

媒体を活用して初心者さんに指導することでもいいでしょう。
1人1万円程度の報酬が発生するアフィリエイト広告を利用して、
アフィリエイト特典をつけることも可能です。

1回の募集あたり6名として、6回グループ活動をした場合。

1万円×6名×6回=36万円


他には、どんなイメージができるでしょうか?

教えることを収入にするスキルを習得して
月謝5千円、生徒10名、6ヶ月間のWEBスクールを開いた

5千円×10名×6ヶ月=30万円


ASPを利用すると、クレジットカード課金での月額課金サービスも使えます。

学習を重ね、一通り経験すると
例にあるような収益シミュレーションを何個も立てられます。

目標設定の時に、収益シミュレーションも計画に入れ、計画を作業ベースにまで落とし込み、目標達成するために進んでください。

実際に、学習して情報や知識を得て、経験してスキルを習得して、
インターネット収入の獲得経験をするほど、どんどん精度の高い目標設定が出来るようになります。

自分のステージに適した目標設定があります。
その時、その時に適した目標設定する必要材料・リソースが違います。

大きな金額になるほど、情報・スキル・経験・知識が増えていきます。

判断材料が増えるので、さらに次の大きな金額について精度の高い目標設定ができますね。


●稼げない時期に適した目標設定。その目標設定の精度を上げるリソースが必要
●数千円稼げた時期に適した目標設定。その目標設定の精度を上げるリソースが必要
●数万円稼げた時期に適した目標設定。その目標設定の精度を上げるリソースが必要
●数十万円稼げた時期に適した目標設定。その目標設定の精度を上げるリソースが必要
●百万円稼げた時期に適した目標設定。その目標設定の精度を上げるリソースが必要
●数百万円稼げた時期に適した目標設定。その目標設定の精度を上げるリソースが必要
●数千万円稼げた時期に適した目標設定。その目標設定の精度を上げるリソースが必要


人は、現在の立ち位置から多き離れた目標設定をする時に、精度の高い目標達成の為の計画は立てられません。

絶対に目標達成できる。
絶対に成功するには、底に至るまでの道のりを鮮明に明確に、詳細に思い描けることだと言われています。

その為には、計画の精度が高いことを判断できる材料、計画を立てるために必要なリソースを獲得しなければなりません。

そういったことも考慮した目標設定のコツがあります。

大目標を決め、その大目標に近づく中間目標を立て、中間目標に向けた小目標を立てることです。
大目標は、大まかな計画で構いません。頻繁に見直しする必要はありません。

逆に、小目標は、詳細な計画でなくてはいけません。
状況に合わせ、確実に達成できるように計画の精度をどんどん上げる必要があるので、
細かな見直し、変更、目標の建て直しすることになります。

大目標と中目標は、現時点で達成可能かどうか、わからなくOKです。

ただし、小目標は「具体的で」「計測可能で」「現実できて」「期限が決まっている」ことです。

小目標は、詳細な計画で、行動するごとに、精度を高くする為に常に見直し、軌道修正をしましょう。




角谷亮の提案「判断材料が揃ったら年収1千万円の想像してみる」


学習を進め、経験を積み重ねながら、
年収1千万円のイメージが明確に描けるようになることを目指してください。

経験を積むほど、このトピックに掲載の質問にすらすら回答できるようになっている自分に気が付くときが訪れます。

詳細な計画、実際に行動している場面が具体的にイメージでき、年収1千万円の到達は、
それを目標にして行動すれば、必ず達成できるという感覚を味わえるようになりましょう。

そうなれば、目標達成するのに必要な行動量の行動をとるだけですから。


▼年収1千万円をイメージしてみる
ビジネスの売上は、シンプルに以下のような式で考えることがあります。

売上=顧客数×平均購入単価×平均購入回数
(※顧客数=既顧客数+新顧客数-流出顧客数)

これを真似て年収1千万円のイメージをしていきましょう。
売上を目標収入に、購入単価を利益に置き換えます。

目標収入=顧客数×平均利益×平均購入回数

例えば、年収1千万円をイメージした場合、このようになります。

[イ] 1000万円=1000名×1千円×10回
[ロ] 1000万円=200名×1万円×5回
[ハ] 1000万円=100名×10万円×1回


[イ]であれば、月会費1千円の会員制サービスを行い、
1000名の人が、平均10ヶ月、会費を払ってくれる利益率の高いサービスを提供すれば達成できそうですね。

このように、数字をたて、その数字の達成に可能なビジネスモデルをいくつも、すらすらと話せるようになること。

そして、どのビジネスモデルについて、詳細に、明確に計画できるレベルになれば、目標は達成されるポテンシャルがあると言えます。


数十万円の成果体験をした後に、以下の質問の回答を書き出してみましょう。

脳に質問しておくことは、成功への強力な武器となりえます。
脳に質問をしておき、学習や経験を積むことで、「何か学びたいのか?」「何を身につけたいのか?」という焦点化状態での学びの行動になります。

この焦点化のパワーがあなたをスピード成功へと誘います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.1000万円を超えるように、下記に数字を入れてください。

a.[   万円]=[   名]×[   円]×[   回]
b.[   万円]=[   名]×[   円]×[   回]
c.[   万円]=[   名]×[   円]×[   回]
d.[   万円]=[   名]×[   円]×[   回]
e.[   万円]=[   名]×[   円]×[   回]



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.目標が達成できたことは、どのように分かりますか?
  ※目標が達成した未来をイメージしてください
   その時に、何があなたに達成の実感を与えてくれますか?




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.目標の達成は、いつ、どこで、誰と創りますか?





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.目標を達成したら あなたの日常生活にどんな影響を与えるでしょう?
  あなたの周囲、環境はどう変化しますか?




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《※リソースとは、あなたが使える ヒト(人材)、モノ(商品、設備)
  カネ(資本)、情報(ノウハウ)技術(スキル)、経験、実績、
  媒体・・・などの目標達成に必要な【資源】のことです、》
──────────────────────────────────
5.A)目標達成のために、あなたがすでに持っているリソースは?



  B)目標達成のために、更に必要なリソースは?
   (※これから手に入れる必要があるリソースは?)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6.やりたいという気持ちは十分ですか?




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7.目標を達成することは、あなたにとってどんな意味がありますか?
  今後の人生はどのように変わりますか?
  または、目標を達成すると何が得られますか?




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8.では、始めの行動は?まず何から始めますか?
  はじめの一歩をお書きください。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9.最後にもう一度お聞きします。
  目標の年収は、どれくらいを目指しますか?




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いかがですか?

年収1千万円のイメージが明確に感じられるまで、定期的にチャレンジしてくださいね。
年収1千万円を達成した方は、それを継続することを目標にしてもいいですし、
次の目標に向かって進むのもいいですし、次のビジネスモデルを考えることにチャレンジしてもいいですね。





以上、角谷さんの良い話でした。


角谷亮さんと友達になることが今ならできるかも?

5000人を超えると、フォローしかできなくなりますね。


角谷亮さんと友達になれるフィスブック







NLPの観点から、目標設定法を解説。

成功法則とビジネスノウハウを紐解いた講師の提言でした。


いかがでしたか?


他にも情報を掲載しています。

まとめページとなる[角谷亮とは]が目次の役割をしています。


興味がある関連記事をご覧下さい。








このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加2017年01月08日 | Comments Off | トラックバックURL |

カテゴリ: 角谷 亮