ニューロ言語プログラミングの記事一覧

ニューロ言語プログラミングのアウトプット2


こんばんは。

いつもありがとうございます。

今回は、ニューロ言語プログラミングのアウトプット第二弾として、「アウトカム」を考えてみたいと思います。

※ニューロ言語プログラミングが分からない方は、イイ収入ガで今すぐゲット!
【イイ収入ガ】ガイド はこちらから!

 

アウトカムと言うのは、直訳すると「結果」「成果」という意味です。

これが非常に重要だ、というお話。

 

そもそも、何かビジネス活動をする時って、成果を出すためにやるわけですよね。

「結果に関わらず、一生懸命努力したいから」という目標を立ててスタートする人はいないと思います。

結果のために努力するわけですね。

 

でも、普通に生活していたり、ビジネス活動をしていると、ぶれてくることがあります。

何からブレるのか?

そう、それこそがアウトカムです。

 

結果へのこだわりが薄れたり、そもそも行動が結果にこだわったものになっていなかったり。

そうすると、どうなると思いますか?



そうです。
結果が出ません。

結果が出ないというのは、結果の出る行動をしていないからなのです。

よくよく考えてみると、単純ですね。

 

×結果にこだわっていない→結果を出すための行動を取らない(考えない)→結果が出ない

この先に待ち受けるのは、「諦め」「自己嫌悪」です。

 

○結果にこだわる→結果を出すための行動だけを取る→結果が出る

こちらは、成功者になるでしょう。

シンプルですが、どれほどに重要か、お分かりいただけると思います。

 

そこで、ニューロ言語プログラミングでは、アウトカムの重要性をこれでもか!と教えてくれます。

アウトカムに焦点を当て続けて、そこに向かう行動を取り続ければ成功するわけですからね。

でも、現実は、アウトカムを意識している「つもり」になっていたり、
そもそもなんとなくで活動してしまっていたりするんです。

 

初心者さんに限らず、全てのビジネスパーソンが、このニューロ言語プログラミングで出てくる「アウトカム」の考え方を手に入れるべきだと確信しています。

 

 

 

ニューロ言語プログラミングのアウトプット1


こんばんは。

個人的な学びのためにも、ニューロ言語プログラミングのことをアウトプットしていくことを、
定期的にやろうと思います。

第一回の今回は、「ラポール」について。

イイ収入ガを読んで、ネットビジネスでニューロ言語プログラムを活用するに際して、
まず出てくるのがラポールです。

ラポールと言うのは、フランス語で「架け橋」というそうですが、
要するに、信頼関係を築くということであり、コミュニケーションです。

 

なんで?
コミュニケーションが重要なの?

と思うかもしれませんね。

 

でも、よく考えてみてください。

こうやって、ブログを読んでいただく方と、書いている側は、相互のコミュニケーションですよね。

アフィリエイトに限らず、ネットビジネスで考えたら、文章が必要ですが、
その文章自体、コミュニケーションです。

 

読者さんがどう感じるのか?

読者さんは何に困っていて、何を知りたいのか?

全て、このラポールという考え方が役立つのです。

 

ただし、気を付けたいのは、みだりに不安を煽ったり、怖がらせたり、という記事はダメです。

それはラポールではなく、価値観の押しつけですから。

そういう記事は、信用しないようにしてください。

 

と、話がそれましたが、とにかく、ネットであろうとリアルであろうと、ラポールと言うことは重要だということ。

そして、ニューロ言語プログラミングでは、それをしっかりと教えてくれるため、

文章力や情報を引き出す能力が格段に高まるということなのです。

 

さらには、イイ収入ガガイドは、iBSA無料塾を案内してくれるため、

このラポールの練習も簡単にできるのがすごいところですね。

 

ラポール。

この言葉を、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

ラポールを知りたい!ネットビジネスに活かしたい!方は、ぜひこちらを活用!

入塾前に→iBSA(イビサ)塾 イイ収入ガイド /BLEACHの剣八が好き

 

4ステップ自動成功プログラムとは?ニューロ言語プログラミングの効果はあるのか?

ニューロ言語プログラミングの効果については、さまざま検証した結果
効果があることはわかっています。

普通に考えれば、それは効果がでるな。

と思えることばかりです。


悩んで袋小路に入り、時間が膨大にたち、いろいろ目移りする中で、
最後の最後に、結局、シンプルな結論にたどり着きます。

このシンプルで当然なものを選りすぐったものだと考えればいいです。


そういうことで考えるろ、ニューロ言語プログラミングしたものは
ニューロ言語プログラムであり、

そのプログラムが、4ステップ自動成功プログラムということ。


ニューロ言語プログラミングでは、目的に応じてプログラムを作ることが可能です。

なぜなら、先ほどもいったように、選りすぐりですから。

基本コードのような使い方も可能なんですね。



4ステップで、自動成功のプログラムが動作するように設計したということでしょう。


インストールして、起動すれば、自動的に、楽に、お金と成功が手に入ることを目的としています。


これは、成功者達が必ずと言っていいほど使っているものをモデリングしているから可能なんですね。



モデリングして、そこから結果を出すことに絞った部分だけをプログラムにしたのが

4ステップ自動成功プログラムです。

詳しくは、こちらを観ることでわかります。



ニューロ言語プログラミングによる自動成功プログラムをインストールしましょう。


アウトカム志向を知り、成功に焦点を当ててください。

無意識的有能へと進ます。そうアウトカム志向を第4ステージするんです。

これは、無意識へのインストールです。


あとは、お金持ちになることをアウトカムにすれば、
そのアウトカムを無意識にインストールできます。

なぜなら、アウトカム志向が無意識的有能になっているからです。

ニューロ言語プログラムの働きですね


同様に、アウトカム達成に必要なスキルが能力の第4ステージなっていくだけ。


アウトカム達成に必要なリソースが積み重なることイコール、成功ですから。


これは当然。

シンプルで、目からウロコ。


よくぞ!成功するということをモデル化し、プログラム化してくれています。

本当、その通りです!



シークレット オブ サクセス、成功の秘密が解き明かされましたね。

これも、ニューロ言語プログラミングのモデリングの手法があってこそ。


成功の仕方を教えてることができるようになったということであり、

成功者を量産できるということです。


まずは、4ステップ自動成功プログラムについて学ぶことから始めてください。


成功哲学の真骨頂だと言ってもいい。



アウトカム志向、アウトカムを無意識にインストールすれば、
成功は引き寄せられます。

そう引き寄せの法則が起動するプログラムと言い換えることもできますね。


角谷亮さんは、本当に素晴らしいですね。

よく、ニューロ言語プログラミングを学んでくださった。

ありがとうございます。


ニューロ言語プログラミングのすごさ、それはネットビジネスの成功に役立つ。

ニューロ言語プログラミングのすごさは、ビジネスの成功において力を発揮します。

アフィリエイトであれ、プレナーであれ、

直接であれば、パソコンの画面を通じてあれ、人と関わり合いです。

自分と他者の関わり合いでも、自分と自分の関わり合いでも

ニューロ言語プログラムによって、ビジネスの成功を手に入れる確率があがります。

海外情報ソースを調査していたところ、「ACCESSING CUES」について書いていた文献がありました。

ニューロ言語プログラミングは、人の持つ内的な感覚の指標を見たり、聞いたりする為の多くの方法が提供されています。

その一つが感覚的な言語、sensory predicatesです。

人の感覚的な趣向を判断する方法は、 彼らの経験を言語化してもらうことでしょう。

彼らが使用するdescriptorsと sensory predicatesの種類から、推察することが可能と言われて今sう。

「あなたの言っていることが見えてきた」

「あなたの話をきちんと聞いています」

「それは正しいと感じます」

ニューロ言語プログラミングでは、これらを話者が自分の経験の内的感覚をどのようにしているかの表象しているかのACCESSING CUESと言えるでしょう。

狭義では、non-verbalのCUESをACCESSING CUESと言うプログラマーが多いです。

つまり、verbalであるsensory predicatesは、ACCESSING CUESに含まないという考え方です。

視覚的な偏りを示すsensory predicatesには、

黒さ、明るい、鮮明な、カラフルな、 ぼやけた、ぼやけた、

灰色の、ぼんやりした、、きれいにする、

プレビューする、見る、見せる、スケッチする、表示する、

鮮やかにする、見る、目撃する、

などがあります。

聴覚な偏りを示すsensory predicatesには、

聞こえる、騒々しい、騒々しい、静かな、轟音、悲鳴を上げる、

叫ぶ、静かな、歌う、叫んで、叫ぶ、聞いて、

などがあります。

運動感覚な偏りを示すsensory predicatesには、

結合、寒さ、浮き沈み、凍結、握り、つかむ、傷つける、

痛む、圧力をかける、プッシュ、暖かい、絞る。

などがあります。

相手が、よく使うsensory predicatesから、今使っているRepresentational Systemや

この人があるコンテキストにおいて好んで使うPrimary Representational Systemを探ることができるといわれています。

ACCESSING CUESを、non-verbalのものだと考える場合、

external verifiable behaviorをCalibrationすることだと言えます。

使っているシステムからでる特徴や

Primary Representational Systemによる特徴、

または、EYE ACCESSING CUESなどがACCESSING CUESと言われるのが一般的ですね。

これは、相手の得意な感覚システムを知れば、

Rapportの際のペーシングに役立ち、

そして、相手が使っていないシステムにリーディングすることで

「相手の臨場感を支配できると」表現されることがある状態を引き起こします。

Rapportからのペーシング⇒リーディングに役立つことは、

ビジネスの成功に役立つことと動議だと言えます。

これが、ニューロ言語プログラミングの凄さです。

ニューロ言語プログラマーになることは、ビジネスの成功に近づくと言えますね。

ソース元:http://www.thechangeworks.com/images/nlpcues.pdf

ニューロ言語プログラミングでアウトカム志向をインストールすると

ある記事を読み巻いた。

ニューロ言語プログラミングに関する記事でした。

今までの疑問が解消しました。

なるほどな!と合点がいきました。

自動成功や引き寄せの法則とは、

アウトカム志向をインストールするなんだと。

なるほど。すごいな。

今まで、10数年、求めていた答えがありました。

そうか、ニューロ言語プログラミングとは、使えるなと。

記事を見かけてときに、

アウトカム志向をインストールするにはどうすればできるんだ!

そこが知りたいだよ!

っと、心の中で突っ込みをいれましたが・・・

ニューロ言語プログラミングでインストールできることを知りました。

ニヤリ。

なるほど、そうかそうか。

だから、成功者の多くが、調べてみるとニューロ言語プログラミングを勉強していたわけね。

合点がいきました。

10数年、繋がっていなかった思考回路が、バッチと通電した瞬間です!

あ~、なるほどーーー。つながった!!

自動成功や、引き寄せとは、アウトカム志向が能力の第4ステージになること。

アウトカム=OutCome 外から自分の方にくるものですから。

成功することがアウトカムであれば、成功が外から自分に向かってくる。

まさに、引き寄せじゃん。

アウトカムの適正化、明確化、焦点化、その継続力状態。

フォース・ステージ・オブ・アビリティで、無意識的有能力!!

意識してなくても、焦点化という能力を発揮している状態。

ははぁーーん。なるほど。

そういうことだったのね。

どの成功哲学の話も、自己啓発本の内容も、これではっきりしました。

わかりました。繋がりました。

なんだ簡単じゃん。

んで、人に教えてあげられるじゃん。

つぅーか、本当に成功したいと思っている人を成功まで導いてあげられる。

成功したいと思っている人が、成功できるメソッドだわな。

だって、ニューロ言語プログラミングは、できている人のパフォーマンスを

他の一般の人ができるようにする為の技術ですから。

BMTSプログラムって、凄いですね。

これは、いいわー。

なるほどなー。

それは、人気があるわけだ。

成功者が増え続けているわけだ。

成功する方法は簡単。

アウトカム志向を第4ステージする。

その方法は、ニューロ言語プログラミングで

心と無意識に、アウトカム志向をインストールする。

以上。

これが、成功メカニズムの解明であり、最高峰のメソッドです。

素晴らしい。

BMTSプログラムの評判や口コミが良い訳は?

BMTSプログラムの評判や口コミが良い訳を考えてみました。

それは、アフィリエイトでもインターネットビジネスでも

成功させる為の大の土台は、自分ということだからです。


自分の考え方やマインドが成功に向けて土台となることが重要。



そして、その次にノウハウの土台となるのが人と人の関係です。

コミュニケーションと言ってもいいですね。


コミュニケーションの結果が、収入の結果と捉えることができます。


それが、心理術を学ぶ意味。



そこに、インターネット収入ノウハウを乗っけることは、
成功確率を最高にしていることになります。




BMTSプログラムとは、まさに全てが用意されています。

自己啓発、成功哲学、自分とのコミュニケーションに置ける心理術(ニューロ言語プログラミング)


他者の関わり合いにおける成功哲学、心理術


そこに、『正攻法の成功法』と『ies(ゼロスタート教材)』が乗っかります。


      ▲
     ━━━
     成 功
    ━━━━━━
    収入的な成功
   ━━━━━━━━
   ノウハウ(受講生特典)
  ━━━━━━━━━━━
  他者との関係の土台(心理術)
 ━━━━━━━━━━━━━━
 自分という土台(マインドセット)
━━━━━━━━━━━━━━━━


成功のピラミッドがワンパッケージで手に入るBMTSプログラム


これが、ずばり評判や口コミが良い理由です。


全て揃っての価格としては、かなり安いと感じます。



受講期間も長く、安心設計。

受講したら、BMTSプログラムを活用する為のガイドとして

『BMTS受講イントロダクション』があります。


受講前に3回読むと、受講費が最大限に有効活用できる仕組みです。


1ヶ月ぐらいのスパンで読み返すと効果が高くなっていきます。



そして、アウトカム設定をすること、

アウトカムに焦点を当てることが設計されています。


ウォーミング・ワークブックを使うといいです。


行動分解の考え方、快と痛みの法則、SMARTの法則、ニューロ言語プログラミングなど、

効果が練りこまれた目標設定エクササイズです。


アウトカムの設定、アウトカムの最適化、メタアウトカムなど、

やるほどに成功確率を上げるエクササイズが完備されています。



収入に向けては、ゼロスタート教材『ies』が行動分解で作られているので
モチベーションさえあれば、絶対に収入が獲得できます。


モチベーションアップは、グループ活動やコミュニティの『人の目効果』から
オーディオ学習による『モチベーションアップ』でカバーできています。


つまり、絶対に結果を出せる講座設計と言う事です。


そして、膨大なマーケティング・セールス・心理学の分野をまとめた『正攻法の成功法』があります。

理解できれば、インターネットで稼ぐぐらいの基礎力は完璧に見につきます。


『正攻法の成功法』の内容を理解するために、オーディオコンテンツ化されていますし
ゼロスタ教材『ies』を『正攻法の成功法』が理解できるまで実践することでカバーしています。


更に言えば、『ies』もオーディオ学習できます。



BMTSプログラムの設計では、受講したけど、時間がとりにくい

という人にも対応する為に、合間時間や、何かをしながらでも学習できるように
オーディオ学習コンテンツが用意されています。

移動時間すら、成功する為に活用できるのです。


「成功しない」というオプションをなくしているデザインです。


ライティング教材として『GWCM』ゴール設定ライティングサイクルメソッド

コンテンツPでも、ゴール設定コミュニケーションに触れています。


対人コミュニケーションから、
『正攻法の成功法』など社会心理学など集団心理の観点からもビジネスを学べる!


BMTSプログラムの好評さ、良い口コミを支えているデザインは凄いものがあります。


成功者は、自己投資に、数百万かけるという話は良く聞きます。

中には、数千万円単位の自己投資をしている成功者もいます。


そう考えると・・・とても、お値段以上のお値打ち価格!

成功プログラムの中で、お手頃感を感じる人が多い理由がわかりますね。




BMTSプログラムの評判や口コミが良い訳がわかりました。

BMTSprogram 評価が高く人気がある理由

BMTSprogram は評価が高いです。

その人気がある理由を考えたいと思います。


成功する為には、自己啓発、成功哲学、人間心理を学ぶのが鉄板だと言われます。

ものによりますが、100万、200万円と自己投資する方が多いようです。


そこで考えられたのが、
オールインワンでパッケージングされたBMTSprogramというわけです。

オールインワンということで、リーズナブルになっています。


そして、そこに受講生特典として、インターネット収入ノウハウ、アフィリエイトノウハウまでついてきます。


正しいノウハウがあるからと言って成功できるわけではありません。

モチベーション不足や、メンタルブロック、周りからの障害が邪魔をすることがあります。


結局は

【精神状態】+【コミュニケーション能力】+【ノウハウ】=【成功】


【精神状態】と【コミュニケーション能力】が土台で基礎。

基礎の上に、どんな収入ノウハウを乗せても成功します。




【精神状態】は、マインドセットを学ぶことでOK


自己啓発、成功哲学を学ぶことは、マインドセットを学ぶことです。


そして、ビジネス心理術、ニューロ言語プログラミングを学ぶことは、自分とのコミュニケーション、人とのコミュニケーションについて学ぶこと。

つまり【コミュニケーション能力】の向上ですね。


これが、土台となるわけですね!



あとは、社会心理学の領分に感じることもあるマーケティング・セールスの分野
集客やアクセスアップなども含みますね。

そこに関わるライティングなどのメソッド。


ライティングは【GWCM】というライティングノウハウと【正攻法の成功法】でばっちり。
マーケティング・セールスも【正攻法の成功法】でばっちり。

事例集として、参考材料があるほど学びやすいということで、
講師の無料レポートでもいいですし、特典コンテンツでも参考資料としてみることは有効です。


しかし、ビジネス初心者の人が【正攻法の成功法】を学ぶのは難しい。

そこで、【正攻法の成功法】を学ぶ下地や土台が作れるのが【ies】というゼロスタ教材。


ステップ0~6、そして補講まで、経験を通して学び、身につければ、
【正攻法の成功法】が学びやすくなります。

何度も読みながら、自分のプランを設計していくうちに、十分な基礎ノウハウが身に付きます。


BMTSprogramが最高の設計で、人気が高い理由がここに現れていますね。



【ies】
 ↓
【ies】【GWCM】
 ↓
【正攻法の成功法】

の流れで、社会心理学の領分にも捉えられるマーケティング・セールスもバッチリOK。


だから、BMTSprogramの受講生は、アフィリエイトでも成果者が続出している理由なんですね!



1.土台として【成功哲学】【自己啓発】【心理術】ニューロ言語プログラミングを学び

2.【ies】【GWCM】【正攻法の成功法】【参考事例】を通して
  アフィリエイトノウハウやインターネット収入獲得ノウハウを学ぶ


しかも、「1」「2」ともに、体験を通じて学べるようになっています。

受講生同士でのエクササイズワークの練習や、グループ活動、
専用のコミュニティーを解して、お互いのアウトプットを結びつける設計。


受講期間も長く設定されているので安心です。


時間がすぐ取れない人も、基礎となるマインドセットやコミュニケーションに関することを
オーディオ学習などで、合間時間で学べます。ながら勉強もできます。

もちろん、アフィリエイトノウハウや収入獲得のビジネスネスノウハウまで
オーディオ学習で学べることもできます。


たっぷりとある受講期間の中で、自分のペースで学ぶことができます。

まずは、BMTSprogramの講座ガイダンスとなる【イントロダクション】を読むといいですね!

2週間~1ヶ月に1回、読み直すことで、自分の学習計画がイメージできます。


長い受講期間がある特徴を活かして、学習プランを設定して、自分のペースで学べるのが
通信講座のメリットですね!!


目標設定、アウトカム設定をして、快の法則、行動分解によって、
モチベーションの維持と、成功プランまで立てられます。

ウォーミングアップのワークブックに取り組むことは効果的です。


書き込んだ内容を毎日、見たり読んだりイメージしたり、感じることです。

1日に数回やってみると、成功確率が倍増していきます。


定期的に、自分の状況と学習の進行具合、【イントロダクション】の読み返しをして
ワークブックを書き直すといいですね。

目標設定の更新です。

目標設定を更新したら、

書き込んだ内容を毎日、見たり読んだりイメージしたり、感じることです。

1日に数回やってみると、成功する目標設定の精度が上がっていきます。

このループ構造がある限り、人が絶対に成功できるのです。



【イントロダクション】【ウォーミングアップのワークブック】【オーディオ学習】

この3点を繰り返し学ぶことで、成功することが可能です!


そこに、収入獲得ノウハウとして、【ies】【GWCM】【正攻法の成功法】【参考事例】まで揃っています。


【人の目効果】【人脈リソース】【情報のアップデート】など、
さらに受講生が成功する為の仕組みが設計に組み込まれています。



BMTSprogramの評価が良いバックグランドに、このようなものがあります。

リーズナブルな価格設定とあいまって、人気が高いですね。



オールインワンでお買い得な講座だと思います!

角谷 亮 講師が話す【成功へのタイムマネジメント】

人気講師、角谷さんが語る【成功へのタイムマネジメント】について、
参考になったので転載させていただきました。




忙しくて時間がないと言う多くの人は、実は時間を捻出することができます。
自分の頭なの中に思い浮かぶ言葉や文章、会話、イメージに目を向けてください。

内的会話からネガティブなループ発言を意識して、
ポジティブな内的会話に置き換えていくだけで時間が作れることが多いです。


1日を始める時、あるいは作業を始める時、あるいは仲間と話す時に、一言自分に問いかけてみましょう。

「今から、自分の成功に向けて何ができるのか?
 自分の成功に向けて、何に焦点を当てて時間を使うのか?」


人の愚痴、批判や批評、噂話に会話の時間15分使うより、
成功に焦点を当てて、建設的や生産的なことに15分使って
お互いにアイディアを出し合ったほうが成功に近づきます。

感情がネガティブになるものより、
感情がポジティブになるものに時間を使うことで
モチベーションも上がり、どんどん成功体質になります。

1回15分を100回、200回重ねると3000分にもなります。
成功者は、その3000分、50時間を自分の成功に向けて時間を使います。

ポジティブなことに時間を使っているので、モチベーションもマインドも高まります。

新しいスキルの習得は、まぁまぁのレベルになるのに20時間と言われています。

海外の本で『The First 20 Hours』という本があります。
「新しい事を20時間で覚える方法」をまとめた本です。

米の人気作家・ジョシュ・カウフマン氏は、
自身の体験から4つのコツさえ抑えればたったの20時間で「まあまあ良い」レベルまで到達できると語ります。

ビジネス心理術を学べば、学習のコツも掴むことができるでしょう。

成功者が、なぜ成功するのか?

これが、コツの1つです。

こういったことを考えて、以下のことをお伝えしています。

「ネガティブなことに焦点を当てず
 ポジティブなことに焦点を当ててください」

想像してください・・・
もし・・・人の愚痴、批判や批評、噂話に会話の時間15分使い

1回15分を100回、200回重ねると
3000分、50時間を自分の失敗へ時間を使ったら。

その時間をネガティブなことに焦点を当て続けたら。

あなたは、批評、愚痴を言ったり聞いたりするプロレベル。
それに関しては、相当に上手になるでしょう。
噂にも超詳しい人になります。
そして、成功からは遠ざかります。


そして、ネガティブなことに使う時間は、
あなたから「やる気」「元気」「エネルギー」を奪います。

モチベーションはみるみる低下して、成功から遠ざかります。


ぜひ、成功のタイムマネジメントとして使ってみてください。

・1日を始める時、
・あるいは作業を始める時、
・あるいはメンバーと話す時。

「今から、自分の成功に向けて何ができるのか?
 自分の成功に向けて、何に焦点を当てて時間を使うのか?」

一言自分に問いかけてから、時間を使ってみましょう。

数週間後、数ヶ月後、劇的な違いを生んでいます。

1年後、数年後、成功を手にしていることでしょう!!


お試しあれ。





いいですね。

内的対話や愚痴大会などに時間を使うのであれば、
その時間、自分の力がみなぎる言葉使いをしておくことは成功に重要です。

ニューロ言語プログラミングを学んだ角谷亮講師ならではのステート・マネジメント論でもありますね。

ステートコントロールとタイムマネジメント。

これは、密接であるということを認識させてもらえました。


さて、ニューロ言語プログラミングや角谷亮氏のプログラムに興味を持たれた方も多いのではないでしょうか?

こちら「角谷亮とは」でたくさんの情報を集めていますので、よかったらどうぞ。


それでは、よろしくお願いいたします。





アウトプットによる【成功に必要な力を引き寄せる効果】 角谷亮談

角谷亮談のアウトプットに関するものです。

何度か取上げた人の目効果や、ニューロ言語プログラミングでもっとも大切なラポールについて書かれています。



アウトプットによる【成功に必要な力を引き寄せる効果】



継続することで、あなたの成功に必要な信頼貯金がたまっていくことをイメージしてください。


あなたが成功向かって本気であることを、他人が信用してくれると、あなたは人から応援してもらえるような人物になります。

信頼を得るには、目標達成までの道のりを詳細に語れるレベルになることも重要です。
精度の高い計画が立てられることです。
事業計画書が書けることと同様ですね。

自分が達成したい分野について、学習と経験を積むことで可能です。
そして、【ラポール】スキルと熱意があれば、
プレゼンテーション能力が足りない場合でも、応援を取り付けることは可能だと思います。

現実として、そういった成功事例がありますので。

スモールワールドの現象を知って、
応援を取り付けることができるレベルになっていれば、必ずあなたの成功に必要なリソースにめぐりあえます。

イメージとしては、あなたが夢を叶えたいことが本気だということが伝わり、他の人が応援してくれるようになったとします。

あなたを応援する人に

「私には●●が必要です。あなたは●●について詳しいですか?
もしくは、●●について詳しそうな人をご存知ではないですか?
あるいは、そのような人を知っていそうな人をご存知ですか?」と聞きます。

その人が詳しくなくても、人を紹介してもらいます。紹介してもらった人に、また次の人を紹介してもらえば、必ず、あなたは成功に必要なリソースが揃います。

これは成功の黄金法則であり、リアルの世界でも、インターネットを活用しても同じです。

あなたは成功という目標に向けて歩みを止めない限り、絶対に成功に近づけるのです。


スモールワールド現象とは・・・


(引用元:https://ja.wikipedia.org//スモールワールド現象)(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/六次の隔たり)
スモールワールド現象(スモールワールドげんしょう、small world phenomenon, small world effect)は、知り合い関係を芋づる式にたどっていけば比較的簡単に世界中の誰にでも行き着くという仮説である。あえて日本語にすれば(広いようで)「世間は狭い」現象である。
この仮説は社会心理学者スタンレー・ミルグラムが1967年に行ったスモールワールド実験 (small world experiment) で検証され、その後この仮説をもとに六次の隔たりという有名なフレーズが生まれた。この実験ではアメリカ合衆国国民から2人ずつの組を無作為に抽出し、その2人がつながっている場合には、平均すると6人の知り合いを介していることを求めた。

六次の隔たり(ろくじのへだたり、Six Degrees of Separation)とは、全ての人や物事は6ステップ以内で繋がっていて、友達の友達…を介して世界中の人々と間接的な知り合いになることができる、という仮説。多くの人数からなる世界が比較的少ない人数を介して繋がるスモールワールド現象の一例とされる。SNSに代表されるいくつかのネットワークサービスはこの仮説が下地になっている。
この仮説は、後述のスタンレー・ミルグラムの実験を裏づけとして大きく広まったが、それ以前から文学作品などを通じて知られていた。

【SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)との関係】
日本国内最大のSNSコミュニティについて、同社のエンジニアによってスモールワールド性の検証記事が書かれ、6人目で全体の95%以上の人数に到達できることが明らかにされた。Facebookとミラノ大学による共同調査の結果、世界中のFacebookユーザーのうち任意の2人を隔てる人の数は平均4.74人であることが発表された。

【実験】
日本の社会学者も同様の実験を行った。九州を起点として「北海道の知人を紹介してください。もしいなければ、北海道に知人がいそうな人を紹介してください」と人々に尋ね回った。その結果北海道の人間に辿り着くまでの平均人数は7人であった。
コロンビア大学の教授ダンカン・ワッツらが電子メールで同様の実験を行った際は、到達率2%、理論的な仲介人数は5 - 7人であった。

日本のあるバラエティ番組で、「与那国島の日本最西端の地で最初に出会った人に友人を紹介してもらい、何人目で明石家さんまに辿り着くか」という企画が行われたことがある。結果は7人であった。

また、ダウンタウン主演のバラエティ番組において「数珠つなぎ6人で誰の電話番号にでもたどり着ける説」として六次の隔たりが紹介された。番組内では例として、道ゆく人にダウンタウンの松本人志の電話番号を知っていそうな友人に電話をかけてもらい、何人で辿り着くかを検証したところ、結果は4人であった。







角谷さんが指摘する成功を遠ざける結果につながりやすい質問文


成功を遠ざける結果につながりやすい質問として、以下のものがあります。

「どれくらい作業をすれば、どれくらい儲かるのですか?」

これは、時給や月給の契約でない場合、ビジネスとしては「人それぞれ」としか回答ができない質問です。

質問者が本当は何を知りたいかと言えば、「だいたいの当りをつけたい」あるいは「精度の高い計画が立てられるようになりたい」ということに集約できると思います。

成果報酬型のビジネスにおいて、上記の質問に回答を出すことができないのは当然ですね?
成果がでるかどうかは保証できません。
?

その人の質問時点での技能、経験、知識、その人の価値感、持っているリソース、運の要素、時代の変化、参入タイミングなどなど。変数が複数あり、完全に予測できません。


ただ、そういった質問をしてくる人に、1つ言えるとしたら「これぐらいの量をこなしてみることで、最低限のコツは掴めると思います」ということです。

目的意識をもって、学ぶほどに、作業をするほどに、基礎、知識、経験、自信を獲得できます。

それが、収入を獲得する為の【考える】材料になります。
そこからがスタートです。

最終的に身につけて欲しいと考えるのは、年収1千万円を稼げるスキルの習得です。

いくら達成して欲しい目標とはいえ、成果体験が少ない、あるいはまだない人には、大きすぎる数字かもしれません。





探してきた談話からの一節でした。

しっかり考えが土台にあるだと感じました。

ニューロ言語プログラミングと自己啓発からのマインド。

その上に、ライティング、収入ノウハウが乗っかってできたのが角谷亮という印象を受けました。

素晴らしいです。

勉強家であり、実践家だということでしょう。


そんな彼に興味があれば、こちらの「角谷亮情報をまとめたページ」をどうぞ。

たくさんのことを知ると、プログラムが人気のある理由が見えてきますね。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加2017年01月15日 | Comments Off | トラックバックURL |

カテゴリ: ニューロ言語プログラミング 角谷 亮

「収入面での成功について」角谷亮が語る

ニューロ言語プログラミングを学び、成功哲学を学び実体験している角谷亮さんが
収入面での収入について語っています。



良質な判断材料を手に入れるのには、経験や体験が必要です。

ノウハウコンテンツを一通り学習・体験したことで、収益シミュレーションができます。

実際の収入獲得体験は、ゼロスタ教材類を繰り返すことで十分に得ることができます。

ここまでの体験で、やっと計画が立てられます。
収益計画が、初めて立てられるということですね。

体験から、ご自身で収益シミュレーションをして、収益計画を立ててください。

その計画をしっかり意識して、目標金額を目指して達成するまで実践しましょう。

成功のコツを掴むための数稽古をしましょう。

外注したい、人に仕事を任せたい、もっと簡単に大きく稼ぎたい・・・。

大きな目標がモチベーションとなってスタートする原動力になったことはいいことです。

そして、スタートしたら、そういった考えはメタアウトカムとします。



お考えのような方法は、本当にこの世には存在しますが、現実化するのは、もっと先です。

なので、アウトカムの向こうにあるメタアウトカムにします。



物事には、順序があります。
そこに行き着くためには、コツや知識、経験がないとたどり着けません。


まずは、基礎や基本をコツコツと積み重ねることでしか、大きな目標には到達できないのは当たり前ですよね?


飛び級で、イメージだけが膨らんでしまうと、現実とのギャップができ、期待との差にガッカリして、挫折し諦めてしまうのです。


大きな目標を達成する為に、ゼロスタの時はコツコツとですね。

『諦める』という選択肢を選んでいただきたくないので、
アフィリエイトやインターネット収入の中級者や上級者になってから、効率化や収益の拡大、大きな金額の目標設定、自動化・外注化などを考えるといいのではないかと思います。

スタートする時に、大きな夢をモチベーションに参入した後、
スタートしたら、その夢をメタアウトカムとします。

実際の学習や作業開始では、先過ぎる目標や、飛び級することばかりを考えてしまうことで、手が動かず、経験も知識も積み重ねられないのでは、あなたの貴重な時間を無駄にすることになります。

なので、小目標、中目標、大目標、メタアウトカムに設定して
日々の作業は小目標達成に向かいます。


最低限のコツと知識が蓄積されてから、【本当に実現する素晴らしいアイディア】が生まれるのです。


その段階にコマを進めるために、これから最低限のコツを掴んでいきましょう。




まず、練習は質より 量とフィードバックが大切

十分な量をこなしたて選択眼がはぐくまれた後はじめて質にこだわれます。

とにかく、練習を楽しんでください。
基本的には、練習ですので、成果を求めすぎず、経験が増えていくことを実感しましょう。


勉強になったり、時にはへこんだりする経験になることあるでしょう。

そのことを前向きに捉え、学習リソースとして活用すれば、目標達成に役立つ経験に変えられます。

意味づけのリフレーミングを活用しましょう。


「失敗は成功の元など」自分の好きに慣れそうな言葉を集めておくことも対策のひとつです。


とにかく、量をこなしましょう。
十分にフィードバックとして機能しますので。

質にこだわるのは、大方の練習が終わってからでいいです。

練習の最初のほうは、とくにかく質より量でいいと思います。

量をこなさいと、質を求めることはできませんから。






なるほど。

いいですね。


大きな期待を持ってスタートする決意する

スタートしたら、それをメタアウトカムにする

これは、とても重要な考え方です。


大きな夢は人を動かす原動力ですが、
それでスタートすると、基礎力を身につけるゼロスタの時に挫折の元になることがあります。

なので、メタアウトカム、アウトカムという考え方を適用するといけますね。


ニューロ言語プログラミングを勉強した角谷さんのフレームは流石ですね。

他にも、興味があるのでれば、こちらの一覧をご覧下さい。



このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加2017年01月14日 | Comments Off | トラックバックURL |

カテゴリ: ニューロ言語プログラミング 角谷 亮