ランキングサイトとは?

ランキングサイトとは?

現在では、携帯でも検索エンジンからのアクセスアップが主流となりつつあります。
しかし、まだまだ、ランキングサイトは元気。

ランキングからのアクセスで、結構、稼いでいます。

何年も放置しているサイトでも、月に30万円の収入がありますが、90%以上はランキングサイトからのアクセスです。
しかも、ランキング攻略は一度うまくいけばほったらかしです。

いいランキングを見つけ、登録して、自分のサイトにランキングタグを掲載すれば、あとは自動でアクセスが流れ続けます。

最近も、エンタメ系でランキングサイトに4つ登録しました。
検索エンジンからのアクセスは月に1~5アクセスです。
ランキングからのアクセスだけで、毎月500名のメルマガ読者が増え続けています。

サイトを作って、ランキングタグとメルマガの登録フォームを設置しているだけ。
放置しているのに、この結果です。
そのメルマガが、いずれ数万人、いや10万人を超えるメルマガに勝手になると思いますよ。

ね?あなどれないでしょ!!

いいランキングを見つけて、サイトに掲載する。
サイトへの掲載方法には、少しコツがあります。
それも『こびっと』を使ってサイトを作れば、自動で生成してくれるんです!
つまり、自動でSEOをしてくれる上に、ランキングまで勝手に攻略してくれるサイトが初心者でHTMLがわからなくてもできちゃうんですよ。

というわけで、攻略すべきランキングサイトの見つけ方をお教えしておきます。

携帯アフィリエイトにとって、ランキングサイト攻略は重要です。
今のところ、アクセスの供給源として、まだまだ、ランキングサイトは注目です。

携帯で有名なランキングサイトは
i-modeBEST100
などですね。他にも、

有名ランキングサイト
中小ランキングサイト

ランキングサイトは、
自サイト(サイト名、URL、メルアド、サイトの説明、管理者名など)を登録したあと、ランキングサイトから自サイト用のタグを取得できます。

そして、取得したタグを登録した自サイトに貼り付けます。

貼り付けた自サイトのタグをユーザーがクリックして、ランキングサイトにアクセスがあれば、ランキングサイトのin数表示が増える。
つまりは、このin数が増えれば増えるほど、ランキングの順位が上がります。
それから、ランキングサイトから自サイトにアクセスがあれば、out数が増える。
そういった仕組みです。

ランキング運営者からみれば、登録サイトから優良なアクセスを流してもらえれば、ランキングサイトが盛り上がるので、運営者もうれしいということになります。
もし、ランキングサイトの運営者が、月極めの広告(固定の場所貸し。2行広告)などで、収入を得ている、あるいは趣味で運営されているのであれば、両者にメリットがあります。

しかし、ランキングサイトの運営者が、自分のサイトを登録してそのサイトを上位表示させたい、または、そのサイトへのアクセスを少しでも多く流したいと思っているのであれば、参加者とランキング運営者の利益が、バッティングすることがあります。


特に、消費者金融系のランキング運営者は、そのほとんどが、自分のサイトを登録して、アクセスを流しています。

狙いは、自分のサイトでのアフィリエイト収入であることが多いのです。

そういった種類のランキングを攻略する際は、1位を狙わずにそこそこの順位で満足する必要があります。
何位になろうとも、in数よりもout数が多いことで満足する必要があります。

月極めの広告枠が収入のランキングサイトでも、アフィリエイトサイトを運営しているランキングサイトでも、しっかりと定期的に管理をしているのであれば、不正クリックによるランクアップしているサイトは削除されます。

いずれにせよ、ランキングサイトのルールはランキングサイト運営者の考え方ひとつなので、何があっても文句は言えません。
また、それを不満に思うよりも、新しいランキングサイトを探しているほうが良いでしょう。

現実には

  • ランキングサイト自体がout数の水増しをしている
  • ランキング運営者同士が不正クリックをしあって自分達のサイトを上位表示させ合っている。
  • 運営者のさじ加減で削除される
  • 放置されているので、不正クリックのサイトが上位を占めている
  • ものすごく趣味でやっているので、アフィリエイト系のサイト登録を許さない
  • しっかり運営されている(結果として優良サイトの登録が多い)

などなど、運営者の考え方が、そのままランキングサイトの個性です。
なので、不正ランキングにひっかかったり、削除されたからといっても気にしないことです!
ランキングサイトは、山ほどあるので、自身の好みにあったランキングは探せば見つかるはずです。

とにかく、in数よりout数が多く得られることが一番大事です。
そのためには、まずあなたのサイトから、ある程度のアクセスを流すことが先決です。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ヒタスラ稼ぐためだけに割り切る »
« ランキンサイトのチェックポイント