ユーザーに役立つこと

このページをお気に入りに追加  

ユーザーに役立つこと

相手にどれだけ、何を与えられるか?
相手にメリットを感じてもらえれば、必然にアクセスが増えます。
ユーザーにとって、自分の媒体を利用してくれる動機は?

このポイントを突き詰めていきましょう。
コミュニケーション系は、独自性や、ユーザーの需要、そして楽しさ!がポイントです!
ユーザーに役立て!喜んでもらえ!いかに無理なくコンテンツを充実させるのか?

ユーザー自身が参加してコンテンツを作り上げる一石二鳥術

ユーザーが書き込んで出来上がる掲示板系コンテンツは、まさに自動コンテンツ作成装置!
掲示板形式にして、ユーザー同士の情報を交換する場所が提供できるだけで、ユーザーにとっては、価値観を共有できるコミュニティとなります。

レンタル掲示板、やSNSで練習!してみると、いろいろなことが見えてきますよ。

コンテンツの充実

徹底的に役立つ情報、おもしろい情報を提供し続けることで、ユーザーにメリットを感じ続けてもらえます。

情報集めは、インターネットや書籍類からどんどんと収集してください。

媒体を作り、専門分野を攻めることで、モチベーションも維持しながら続けられるでしょう。
もし、あなたが、おもしろ画像を集めるのが趣味であれば、それを配布するサイトを作り、アクセスの導線を作ればいいのです。


もちろん、好きな音楽・言葉・詩なんでもOKだと思います。
後は、それがキャッシュポイントにどれだからむか?
その部分を解決して、稼げるアフィリエイターになりましょう。

好きなことをビジネスにする。
私も興味本位で携帯小説を書いたことがあります。
2,000人以上が読んでくれましたよ!

メルマガを連動すると1石2鳥

メルマガで配信した内容を2次利用しましょう。
メルマガの内容をサイトの情報やブログの記事に加工する。

あるいは、メルマガでは字数制限があるので、内容の一部公開して、「続きは」でサイトへ誘導するという方法もあります。

メルマガで増やした読者をサイトへと誘導することができます。

これにより、メルマガを配信しながら、サイトやブログも充実させることができます。
あとは、SEOを少し意識して、サイト・ブログの作りこみを継続すれば、今後の携帯SEOにも強い媒体へと、いつの間にか成長するはずです。

携帯ユーザーはPCユーザーより馴れ馴れしい?

携帯ユーザーはパソコンでインターネットをしているユーザーより友達感覚で、馴れ馴れしいんです。

これは、いい意味でも悪い意味でも現実なんですね。

もし、あなたの運営する媒体内に問い合わせ先を掲載しておくと、親しげなメールを受け取ることができるでしょう。

そういった親近感がある分、パソコンよりも人間関係が作り安いのです。
メリットとしては、物が販売しやすい(ユーザーの年齢層は低いので低価格商品)、媒体が口コミで広まりやすいといったことがメリットです。

しかし、デメリットとしては、クレームや悪評が広まりやすいといったところです。

  • 期待と現実とのギャップが、口コミを生みだします。
  • 期待以上の現実であれば、良い評判が口コミに乗って広まります。
  • 期待以下であれば、悪評が広がっていくということですね。

徹底的に機能性、利便性を追求

例えば、広告の羅列とその解説をするサイトでも、ユーザーにとっては十分に役に立つ情報です。
パソコンのインターネットでいえば、価格比較系のサイトですね。
「ケンコウコム」「価格ドットコム」など、見習うべき点も多いですね。
但し、携帯では、ブラウザがひとつしか開けません。(一部タブブラウザー携帯あり)

そういった物理的な点をクリアできるユーザビリティを考えることができれば、無敵ですね!

一番簡単な比較系サイトは、ASPの広告画面から広告をみてサイトのジャンルを選ぶ。そのジャンルでカテゴリ分けなどして、サイトを作ってしまえば良いのです。

もちろん、携帯雑誌などのサイトのリンク集などをからめて、コンテンツの一部としてアフィリエイト広告をとけ込ましたり、検索窓の設置で「携帯向け検索連動型広告」などをコンテンツ化することで、キャッシュポイントを作れます。

ユーザーに役立つ、リンク集、広告を利用した比較サイト、辞典・辞書系サイトを作りこみましょう。


特に辞典・辞書系サイトは、今後の携帯SEOにも強いサイトになっていることでしょう。
携帯雑誌を数冊と、ネットでいろいろと情報を検索して、仕掛け始めてください。

情報のコピーはしてはいけません。著作権にふれるので。
自分なりにユーザー向けにまとめてあげたり、言葉を置き換えてあげると良いでしょう。

ランキングサイトも検索サイトの運営も、お役立ちリンク集と同様の目的といえるでしょう。

サイトのリンク集が、人気順で閲覧できるのがランキングサイトであり、検索機能がついてあるのが、検索サイトだととらえて下さい。

ランキングサイト、検索サイトは、サイト運営者の方から登録してくれるので、それが自動的にコンテンツとなる。
その管理をすることで人気のサイトと成長することも出きます。

まずは、広告羅列サイトを作ってみたり、ランキングサイト、検索サイトを作って運営してみたり、ガっツンガっツンと経験を積んでみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

無料レポートなら、パソコンに保存もでき、いつでも!まとめて!お読みいただけます。
【無料登録は、今すぐ】
» 携帯アフィリエイト・アドセンス収入ノウハウ IRCモバイル無料塾メンバー登録
ブログの記事・内容は、無料レポート形式(PDF)でも読むことができます。
無料メンバー登録をするだけで、携帯アフィリエイト・アドセンス収入獲得に役立つ無料ツール無料マニュアルが手に入ります。
IRCモバイル無料塾は、広告費によって運営している為、メンバー登録に費用はかかりません。
» IRCモバイル無料塾とは?

» 人気ブログランキングへ応援、お願いします。人気ブログランキングに参加中。

»  ブックマーク/RSSリーダー登録でいち早く情報収集!
【携帯アフィリエイト・アドセンス関連リンク】
» 携帯アフィリエイト・アドセンス収入ノウハウ IRCモバイルオフィシャル便利リンク集
» IRCモバイル無料塾フォーラム無料掲示板
» モバイル・携帯SEOサイト自動生成無料ツール「こびっと」について

無料ツール『こびっと』(携帯サイト生成ツール自動SEO機能付)
利用ユーザーさんが成果報告板へ喜びの声と共に、ほぼ毎日 投稿しています。
⇒ 本当に稼げる真実を無料掲示板で見ることができます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


人気サイトを作る VS 稼ぐために割り切る »
« ヒタスラ稼ぐためだけに割り切る