人気サイトを作る VS 稼ぐために割り切る

人気サイトを作る VS 稼ぐために割り切る

「継続」が大切だというお話をしました。

ここでは、アフィリエイトをはじめて、成果が出るまでに絶対に悩むポイントを考えましょう!

好きな分野で媒体を作る
→【楽し】ければ「継続」OK
→さらに【稼げ】れば、なおのこと【楽しい】、これも「継続」OK

稼ぐためにとにかく割り切る
→【稼げ】るまで粘り続ける → 【稼げる】媒体の運営は【楽しい】、これで「継続」OK


どの心構えを選んでもよいんです!
なので、いいわけはなしで、はじめる。そして続けてください!

何がいいたいかというと、迷いがなくストレートに自分の道を突き進むパワーに勝てるものはないんですね。
こういうひとは、絶対に成功します。

なぜならその分野の専門家になるからです。
まぁ、キャッシュポイントと遠ければ【稼ぐ】ことから縁遠いですが、自分のやっていることに納得できているので、幸せなんですね。

【幸せ】=【成功】 こういった定義もOKなわけですから。

我々、凡人とて、あきらめなければ、いずれは成功しますから。
互いに、がんばりましょね。

人気サイトを目指す!

人気を集めるまでには、時間がかかります。
利用ユーザーの「楽しみ」や「便利さ」など、サイトへの信用にかわり、そしてアクセス数に跳ね返ります。

ユーザーに指示されれば、作業が楽しいと感じてモチベーションを維持できやすいです。

需要さえあれば、莫大なアクセス数を集めることができ、口コミによる爆発的な広まりが狙えます。

携帯では、スータービーチやガールズウォーカーなどがこれにあてはまります。

そのあたりのアイディアは、図書館などで古いインターネットの本を読んでみてください。

パソコンインターネットの通信料金が定額料金になる前、通信速度がまだまだ遅かった時代。
個人の方がどうやって人気サイトを作ったのか?
こういった情報を無料でゲットできます。

立ち上げ当時の「2ちゃんねる」とか、お見合いサイトで爆発的に人気を得た話とか、今の携帯サイトでも、とても参考になります。

もちろん、法人として、ビジネスとして、もっとしっかりとしたビジネスモデルを用意しても良いでしょう。
多少の時間とお金がかかりますが、やってみる価値はあります。

アクセスが多くなればなるほど、広告収入も莫大になります。
ネット上に価値の高い不動産を所有することと同様ですね。

稼ぐために割り切る

個人で、規模も小さく稼ぐには、こちらの方法が手っ取り早いでしょう。

私も、スタートした頃は、この手法でした・・・

キャッシュポイントに近い属性のアクセスを戦略的に集めることで、効率よく成果を上げていきます。

ランキングサイト、検索エンジン、その他いろいろな導線を作りアフィリエイトサイトを量産するといった手法です。

こちらも、一般的に広まっている方法だといえるでしょう。

「役立つ情報」、「利便性の追求」、「最低限のユーザビリティ」「成果率のアップ(サイト構成・ライティングスキル)」をうまく整合性を持たせていけばよいでしょう。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


至上命題!アクセスを集めよ05(時間対効果・費用対効果・金脈) »
« ユーザーに役立つこと