サイトの内容、掲載情報(コンテンツ)

サイトの内容、掲載情報(コンテンツ)

利用者に役立つ情報を記載することで、利用者から信頼されるサイトになります。

あるいは、便利なサイトだと思ってもらえます。


役にたつ情報とは、なにか・・・。


考え方を変えれば、アフィリエイト広告も役にたつ情報の一つとなりえます。


例えば、香水を探している人が、サイト内の香水のアフィリエイト広告とその解説文を、

「これ、良さそう・・・」

そう思ってもらえれば、それは、その人にとっての役立つ情報になります


さらに言えば、ランキングタグ(ランキングへのリンク)すら、役に立つ情報になるのです!

例えば、もっと着うたのサイトを探したい!
そんな人にとっては、優れた着うたサイトがいっぱい登録されているランキングサイトへのリンクは、十分に、役にたつ情報なのです。

そう考えると、ローテーション型のクリック保障広告なんかは、サイトコンテンツとしては、一番使いづらい広告ですね・・・(汗)



広告の羅列サイトであっても、コメントや分類分けで、ユーザーに役に立つ比較サイトとしての役割をしていればOKです!

PCで言うところの、
価格コム
@コスメ
口コミランキング
を見れば、イメージができるでしょ?

もちろん、便利なリンク集を作って、一部にコンテンツのひとつとしてアフィリエイト広告を溶け込ますことも、グレートなお役立ちサイトです。


【役立つ情報】は、上記のような【利便性】だけでなく、【エンターテイメント系】【コミュニティ系】でも、良いのです。

ユーザーが「暇つぶし」、「楽しみ」、「娯楽」を求めるのであれば、それを与えれば、【役立つ情報】の提供になるのです。

まぁ、広告のコンテンツ化ですね。

携帯でいえば、
スタービーチなどの出会い系コミュ二ティーサイトや、面白い待ち受け画面を提供するサイトにアクセスが集まる理由もここにあります。

そのテーマがキャッシュポイントに近ければ爆発的に稼ぐことができます。

PV課金制で広告契約をすれば、月に1,000万程度の金額を個人でも享受することができるのです。



人に与えたサービスの質と量が、あなたへの報酬です。

○利用者の役に立つ情報をあたえれば=ランキングサイトのタグをたくさん踏んでもらえるようになります。
そうすることで、あなたのサイトのランキング順位はあがります。
アクセスも飛躍的に伸びるでしょう。

○利用者の役に立つ情報をあたえれば=アフィリエイト広告をたくさんクリックしてくれます。
そして、広告主のサイトでアクションをしてもらえば、あなたのサイトから報酬が生まれます!

報酬=利用者に与えたサービスの質×量ですね♪


アフィリエイトは何度失敗しても復活できます(笑)
そういったリスクの低さが最大のメリットですので。

何度も失敗して、ここに戻ってきてください。
<継続に向けて>
・テーマを決める
 あなたのモチベーションはどう?

<キャッシュポイント>
・商品、広告の種類を考える
・ユーザーのニーズを知る
・成功サイトを参考にする

そして、2度目の実行へと進んでくださいませ!

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


わかりやすく利用しやすいサイトを作る(最低限のユーザビリティ) »
« 至上命題!アクセスを集めよ01(無料でアクセスアップ)