アフィリエイトサイトの更新作業

アフィリエイトサイトの更新作業

アクセスアップの為

現在、アクセスアップで重要なのがSEO(検索エンジンからのアクセス)とランキングサイト攻略です。検索エンジンからのアクセスについては、後ほど『第09章 携帯SEO』で解説いています。
ここでは、少しランキングサイトについてお話しましょう。

どのランキングに登録するか?
ランキングタグは、どの位置に貼ると効果的か?
これを試行錯誤してください!
とはいえ、『こびっと』のランキング攻略用のテンプレートを使えば、試行錯誤するまでもなく攻略できます。

ランキングサイトの仕組み

1.サイトをランキングサイトに登録
(サイト名、URL、メルアド、サイトの説明、管理者名などを登録)

2.ランキングサイトから自サイト用のタグを取得する
※ランキングに自分のサイトから投票するリンクテキストです。

3.自サイトにタグを貼り付ける

4.自サイトのタグからランキングサイトにアクセスがあれば、
 ランキングサイト内表示でのin数が増える。
 (in数が多いほどランクがアップする。ランクが上がるほど露出が高まる!)
 ※効果があるのは、ランキングの1ページ目に表示されること。

5.ランキングサイトから自分のサイトにアクセスがあれば、out数が増える
 ・IN数:自分のサイトからランキングサイトへ訪問した数
 ・OUT数:ランキングサイトから自分のサイトへ訪問した数

in数よりout数が相対的に高めなランキングサイトに登録します。

小規模、中堅から、大手ランキングまで順次攻略!!
携帯で有名なランキングサイトは i-modeBEST100 こんなのです。


ランキングサイトの調査ポイント

①複合型・単一型ランキングサイト
複合型で、カテゴリわけされているほうが、少ないin数で攻略しやすいです。

②総合・専門ランキングサイト
最初は、専門ランキングを攻略しましょう。アフィリの成果を得やすいアクセスが得られます。

③クッションページ有・無
クッションは不正防止の為の投票ページです。無しのほうが、in数を稼ぎやすいです。
ちなみに、クッションページがあっても不正はガンガンに存在していますが・・・。

④リセットカウントの周期(日・週・月・年・ない)
長期的に攻略するのであれば、リセットの周期が長いランキングを、最初は、日でリセットされるほうがランクを上げるチャンスがあります。

⑤in0表示・非表示
in0が非常時の場合、ランキングに登録したところで、ランキングサイトに表示されません。

⑥新着サイトがどの位置に表示されているか
新着が、画面の上に表示されていれば、新着でアクセスを得られるチャンスがありますね。

⑦参加サイト数
参加数が多ければ、単純に良いとはいえませんが、ひとつの目安になります。

⑧トップページ(1位同じページ)の最低順位とin・out数
これは、大事ですね。

⑨総アクセス数と順位ごとのin・out数
ひょっとしたら、かなり下位表示でもout数がある場合もあります。

と、見る部分は非常に多いです。
最低でも、自分のサイトと同ジャンルが登録しているランキングを100個は見学してくださいね。
まぁ、実際に登録して利用していれば自然に覚えられますよ。



攻略としては

自分の携帯サイトのアクセス数にあわせて、1位と同じページ表示される順位にランクインでき、out数がin数より相対的に大きいサイトを、小規模、中堅から、大手まで順次攻略することです。

効果の測定は、アクセス解析をつけて、登録したランキングからどのくらいアクセスがあるか調べてください。
※携帯サイト正確なリファラが取れません。アクセス元がわからないことも多いです。

もっと、詳しい解説は、『第08章 ランキングサイトの探し方』でやっていきますね。


利用者をあきさせない為

リピートのアクセスが欲しいサイトでは、必要な作業です。
特に、コミュニケーション系のサイト運営では、この作業を怠ると、アクセスが激減します。掲示板などを設置してユーザー同士で交流させるとよいです!

ここが、PCよりも厳しいのです。
携帯サイト利用者は、PCよりも、常にオンタイムなのです!

パソコンで送ったメールの返事は、1~3日待ってくれますが、携帯で送ったメールは。その日に返事がないとクレームに変わりますので。


より成果を上げるため

携帯の画面は小さいので、サイトの構成、リンク位置、文言により注意が必要です。

とくに、1行10~12文字で、いかに広告を踏んでもらい、いかに成果を上げるようにもっていくか?最大の注意点です!


広告の張替え作業

広告は、期限付きのものや、変更などがあるので、その都度、張替え作業が必要です。

ここを効率化させなければ、サイトの量産後、更新作業が大変になります。
プログラムを利用したり、CGI 、SSI、 PHPを利用したりと、一工夫が必要ですね。

SSI,PHPがOKなレンタルサーバーでは、include(インクルード)で呼び出し命令が使えます。

SSIが利用できるレンタルサーバーの場合。
ページのファイル拡張子をshtmlとします。

そうすることで、ページのある部分に、違うファイルを呼び込んで挿入することがでます。

えっ!?
難しいって??

そうですね。

参考に、こういったページで勉強してみてくださいね(^-^;

http://cocohome.hp.infoseek.co.jp/ssi/include.html
http://www.tohoho-web.com/wwwssi.htm
http://www.scollabo.com/banban/ssi/ssi_005.html

私も、これを理解するのに、ものすごく苦労した思い出が…

とりあえず、こういった難しいことは、飛ばして進みましょう!!

サイトの更新作業・・・・・・・。

本当に大切ですね。

もちろん、現在のパソコンのアフィリエイターがやっている手法

  • 大量にアフィリエイトサイトを作って稼ぐ
  • 大量にアドセンスを貼ったサイトを作って稼ぐ

そういった場合は、量産とキーワード探しが命ですので、更新作業よりは、とにかく量産ですね。

「月1万円稼ぐサイトを100個作れば月100万!」的な考え方ですね。
もちろん、こういった力技もいいですね

しかし、人気サイトをつくって多くのアクセスを得たい人には、ユーザーをあきさせない仕組みが必要でしょうね。

私は、両方の手法を経験しています。

どちらも経験として、取り組んでくださいね。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


広告リンクを生成して貼り付ける »
« サイトテーマを選ぶ